日本でも「Amazon MP3 ダウンロード」を開始、DRMフリーの楽曲で配信

ネットショッピングの大手サイト「Amazon.co.jp」で、MP3のダウンロード販売が始まりました。
MP3の楽曲をダウンロード販売する「Amazon MP3 ダウンロード」は、アメリカで2007年9月に開始、他国でも以前からダウンロード販売を行っていましたが、今回やっと日本にも導入されました。

Amazon MP3 ダウンロード
Amazon MP3 ダウンロードが日本でも開始


DRMフリーとは、デジタル著作権管理技術(DRM:Digital Rights Management)による暗号化などの保護がかけられていない音声ファイルなどのコンテンツのことです。

保護がかけられていないので、iPodやウォークマンなどMP3に対応したオーディオプレーヤーへの転送が無制限に行えます。また、CD-Rなどへも回数制限なく楽曲を書き込むことができます。

つまり、ダウンロードしたMP3ファイルはいくつも複製ができる状態となっているため、あらゆるメディアに複数回書き込むことができるのです。詳しくは、以下のリンク先でAmazonが解説してくれています。

はじめてのMP3ダウンロード - Amazon.co.jp

曲数も豊富で、現時点でなんと1100万曲以上!気になるお値段ですが、平均すると1曲のみで150~200円、アルバム単位では1500~2000円くらいとなっています。また、無料配信の商品や、お得なスペシャルプライス、Amazon.co.jp限定配信で提供されている楽曲もあります。

無料配信&スペシャルプライス
無料配信&スペシャルプライスの楽曲

アルバムや複数の楽曲を注文する際には、「Amazon MP3ダウンローダー」のインストールが必要となっています。Windows版、Mac OS版、Linux版があり、ダウンロードしたMP3ファイルは、iTunesまたはWindows Media Playerのライブラリーに自動的に追加できます。

配信されているMP3ファイルのビットレートはいずれの楽曲も256kbpsです。(ビットレート:音質を左右する要素。高いほど高音質で綺麗な音になる。MP3では最高で320kbps)

欲しい曲が一曲単位で購入できるため、お子さんが小遣いで買うことができるほど安いです。また、ダウンロード販売のため、インターネットに繋がってさえいれば欲しいと思った時にすぐダウンロードして視聴することができます。

ただ、MP3ファイルに圧縮されているのでCDに入っている楽曲よりビットレートが低くなります(CDでは1000kbps前後のものもある)。なので、音質に拘る人はCDを買った方がいいかもしれません。

といっても、高級なヘッドフォンやスピーカーなどの環境がなければ、256kbpsはCD音質と聴き分けることが難しいほど高音質なものなので気にするほどではありません。

まず、外で聴くためにはCDからMP3に変換しなくてはいけないので結局同じことになります。いい再生環境があり、家でもいい音で聴きたい!と思わなければこの「Amazon MP3 ダウンロード」は色んな人に需要があると言えるでしょう。

楽曲のダウンロード購入がより身近になったことは大きな進歩だと思います。気になる方は利用してみては如何でしょうか。

参考URL

※すべてAmazon.co.jpのぺージです。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2