第15回 キーボードで思い通りの文章を効率的に打つ

キーボードの入力に慣れてくると文章を打つとき、自分の思い通りの文章を効率的に打つことができます。この記事では、かな/英数/半角・全角などを自由に利用できるようにすることを一番の目的とします。

これらをマスターすれば、wordなどのワープロソフトで文章を起こすとき、短時間で書き上げることができるでしょう。

また、キーボード操作に慣れてくるとよく起こす定番トラブル「ひらがなが打てなくなり、ローマ字入力のみになってしまう」などの対処法についても一緒に解説します。


キーボードのキー配列について

キーボード

キーボードとは、コンピュータへの入力装置のひとつです。パソコンを利用するには、このキーボードが必須となります。パソコンへ対して情報を入力するときに私たちはこの装置を使います。

改めて言われなくても分かりますよね。上の画像がキーボードです。目の前にあるかと思います。
キーボードは、すべてが上の画像通りの配列になっているかというとそうではありません。あるキーが足りなかったり、いくつか特殊なキーがあったりします。しかし、基本的な部分(かな/ローマ字の配列やShift/Altキーなど)は全キーボードで配列が一緒です(ただしWindows・日本語版に限る)。

ノートパソコンを利用している方はテンキー(上の画像一番右のキー群)という数字の入力に特化したキーが無い場合があったりします。ただし、最近のノートパソコンは大体テンキーがついていることが多いです。

かな入力とアルファベット入力を切り替える

一番の基本操作「かな入力とローマ字入力」を切り替えてみましょう。かなとは「あいうえお」、アルファベットとは「abcd」のことです。

最近はどうか知りませんが、私が小学生のとき最初に習ったのは、キーボードに書いてあるひらがなの部分がそのまま入力される方法でした。

かな入力設定

▲タスクバー左にこのような場所があるかと思います。画像赤枠の部分をクリックしてみてください。すると、キーボードのアルファベットとひらがなが書いてあるキーの「ひらがなの部分」が直接入力されます。

入力の例

タスクバーからでなくてもキー操作で切り替えることできます。キーボード下の「Alt」と「カタカナ/ひらがな」と書かれたキーを同時に押してください。これで先ほどと同じようにひらがなが直接入力されるようになります。キーのみで切り替えられるので私はこちらの操作を推奨します。

Alt+カタカナ/ひらがな

これを「アルファベットの部分」で入力されるようにするには「入力モード切り替え」を行うのが一番簡単です。キーボード左上にある「半角/全角」キーで日本語入力を切り、半角英数モードにします。そうすることで、アルファベットのみの入力を行うことができます。また、数字も半角入力になります。

全角/半角 入力の例


▲半角英数字入力になるとここが「A」となります。

ローマ字入力にする

日本で最も一般化されている入力方法です。「あ」を入力したいときは「a」、「さ」を入力したいときは「sa」といった感じで入力するローマ字入力です。ひらがなより打つ文字数は多くなりますが、アルファベットは26文字しかないので慣れればかな入力より早く打つことができます。

標準の入力モードはこのローマ字入力なので知らず知らず使っている人も多いでしょう。

ローマ字入力にするには「かな入力」を解除し「日本語入力をON」にすることで可能になります。日本語入力をONにするには「半角/全角」キーを押し、キー入力を全角にすればOKです。

ローマ字入力表
こちらのサイトからPDFバージョンを入手できます。

私が一番推奨する入力方法なのでぜひこの方法で文章を打てるよう練習してみてください。

アルファベットの小文字・大文字と全角入力

アルファベットには小文字「a」というものと大文字「A」という二種類の表記方法があるということはご存知かと思います。この大文字と小文字をキーボードで切り替えてみましょう。

キーボードで操作するにはキーボード左にある「Shift」と「Caps Lock」のふたつのキーを同時に押してキーロックをしてください。この状態で半角英数入力モードにすると、入力される文字がすべて大文字のアルファベットになります。

Shift + Caps Lock

入力の例

これはキーロックのひとつで、大文字以外の入力はロックする「Caps Lock」というものです。Caps Lock状態にあるときは、キーボード右上のCaps Lockという場所が点灯します。

次に全角入力にしてみましょう。全角にすると「ABC:半角」が「ABC:全角」という感じに文字の縦横比率か2:1から1:1に変わります。(このサイトの書式ではちょっとわかりにくいですが)

ここで押すキーは「英数」と書かれたキーです。Caps Lockキーと同じところにある場合が多いです。半角英数入力モードにしたあと、この英数キーを押すことで半角と全角を切り替えることができます。全角入力の場合は、文字を決定するときに一度「Enter」キーを押す必要があります。

Caps Lock/英数キー

全角
全角入力になるとここが全角に「A」となります。

一時的に大文字に切り替える

正直言いますと、こちらの方が使用頻度高いです。一時的にアルファベットの大文字を入力したい場合は「Shift」キーを大文字にしたい時だけ押し続けてください。

Shiftキーを押している間だけ「大文字の全角英数字」入力になります。因みに、このままEnterキーで決定せずに文字を入力すると小文字の英数字が入力されます。

半角英数入力モードでこの操作をすると「大文字の半角英数字」入力になります。

ローマ字入力で打ったひらがなをカタカナ、アルファベットに変換する

ローマ字入力でひらがなを打つと、Enterキーを押すまで文字が決定されずスペースキー(キーボードのキーのなかで唯一何も書かれてないキー)で漢字に変換したりするなどの操作が行えます。文字をEnterキーで決定するまえにキーボード上部にある「F7」~「F10」のキーで入力されたひらがなを半角と全角の「カタカナ」「アルファベット」に変換することが可能です。

  1. ひらがな→全角カタカナに変換する場合は「F7」を押してください。
  2. ひらがな→半角カタカナに変換する場合は「F8」を押してください。
  3. ひらがな→全角アルファベットに変換する場合は「F9」を押してください。
  4. ひらがな→半角アルファベットに変換する場合は「F10」を押してください。

キーボードトラブルの対処法

「ローマ字入力ができなくなった、なんでアルファベットだけしか入力されないの?」「テンキーで数字を入力できなくなった」「Excelでスクロールができなくなった」

キーボードの入力に慣れてくるとこんなトラブルになってしまうことが多いです。これらは主にキーロックが関係していて、ほとんど無意識に起こる現象です。そうなったときの対処法を紹介します。

ローマ字入力ができなくなった、アルファベットだけしか入力できない

いままでの内容を読んで頂けた方には分かるかと思いますが、これは「Caps Lock」がかかってしまっているときに起こります。キーボード右上のCaps Lockが点灯していればキーロックがかかっている状態なのですぐに「Shift」と「Caps Lock」のふたつのキーを同時に押してCaps Lockを解除しましょう。

全角

▲このように表示されている場合はCaps Lockキーのみを押せば解除できます。

テンキーで数字が入力できない

これは「Num Lock」がかかっている状態で起きる現象です。テンキーの左上に「Num Lock」と書かれたキーがあるのでこれを押してキーロックを解除してください。このロックがかかっている状態ではテンキーがカーソル移動などのキーとして作用します。ロックされているかどうかは、キーボード右上のNum Lockが点灯しているかどうかで確認出来ます。点灯していればロックがかかっています。

Excelで画面がスクロールができない

これは「Scroll Lock」がかかっている状態で起きる現象です。キーボード右上に「Scroll Lock」と書かれたキーがあるのでこれを押してロックを解除してみてください。このキーの用途ですが、ExcelでScrollLockキーによってセルの移動とスクロールに関する操作を切り替える機能が利用できます。

この記事のまとめ

この記事で紹介したキーボードによる入力方法をマスターすれば、半角全角の日本語・英語が混じった文章を書く際、より効率的に早く書き上げることができるでしょう。

  • 様々な文字入力方法をマスターする
  • キーボードトラブルに遭ってもすぐ対処できるようにする

少し覚えるキーが多かったですが、ぜひ習得してみてください。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2