Windows Vista SP1、Server 2008などのサポートが7月13日に終了

日本マイクロソフト株式会社は、「Windows Vista Service Pack 1(SP1)」「Windows Server 2008」「Office XP」「.NET Framework 3.0/3.0 SP1/3.0 SP2/3.5」「Exchange Server 2007 SP2」、以上の製品のサポートが日本時間2011年7月13日(水)に終了するとして、最新のサービスパックの適用や後継製品への移行を呼びかけています。

サポートが終了するとセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる

Windowsシリーズの各OS、または同社が提供する各ソフトウェアには、Microsoftからサポートを受けられる期間というものが設定されています。詳しくはこのブログ内リンクよりどうぞ。

第11回 Windowsのサポート期間とサービスパック


日本時間2011年7月13日(水)にサポートが終了するのは以下の製品です。

  • Windows Vista Service Pack 1(SP1)
  • Windows Server 2008
  • Office XP
  • .NET Framework 3.0/3.0 SP1/3.0 SP2/3.5
  • Exchange Server 2007 SP2

サポートが終了してしまうと、以降セキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。そのため、セキュリティ的に危険な状態となります。新たに見つかった脆弱性やバグなどは今後修正されず、コンピューターウイルスなどの攻撃も受けやすくなります。

サポートを継続させるには、最新のSPの適用・後継製品への移行

サポートを継続して受けるには、最新のSPの適用、あるいは後継製品へ移行が必要になります。マイクロソフトは以下のように適用・移行することを推奨しています。

  • 「Windows Vista SP 1」 → 「Windows Vista SP 2」の適用、又は「Windows 7」への移行
  • 「Windows Server 2008」 → 「Windows Server 2008 SP2」の適用、又は「Windows Server 2008 R2」への移行
  • 「.NET Framework」 → 「.NET Framework 3.5 SP1」の適用
  • 「Exchange Server 2007 SP2」 → 「Exchange Server SP3」の適用
  • 「Office XP」 → SPも含めサポートを完全に終了するため「Office 2010」「Office 2007」への移行

○サポート ライフサイクル終了に伴うセキュリティ更新プログラム配信終了の予告 - マイクロソフト
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2011/06/28/3437811.aspx

特に「Windows Vista SP 2」は、Windows Updateで適用できますが、重要な更新プログラムとしては適用されないため手動での適用が必要になります。よって、まだ「Windows Vista SP 1」を利用している方も多いでしょう。

自分が今利用しているOSを知りたい場合は、「コントロールパネル」の「システム」で確認できます。

システム

SPの適用方法1「Windows Update」

最新のSPを適用する最も簡単な方法は「Windows Update」を利用することです。

「Windows Update」は「コントロールパネル」から行くことができます。

「○○の更新プログラムが利用可能です」をクリックすると、利用できる更新プログラム一覧が表示されます。この中に適用したいSPがあればチェックをして更新プログラムを適用しましょう。見当たらない場合は、左上の「更新プログラムの確認」をクリックして利用できるプログラムを探します。

それなりに時間がかかる場合がありますので、時間に余裕のある時に実行しましょう。また、適用後はパソコンの再起動を求められる場合があります。

SPの適用方法2「SPのダウンロードと実行」

SP自体をマイクロソフト公式ページからダウンロードして手動で実行します。因みに、SPのダウンロードは無料です。

○Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) (KB948465) - マイクロソフト ダウンロードセンター
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=a4dd31d5-f907-4406-9012-a5c3199ea2b3&displaylang=ja


上のプログラムは「Windows Vista Service Pack 2 」と「Windows Server 2008 Service Pack 2」が統合されています。「ダウンロード」ボタンをクリックするとプログラムがダウンロードされます。容量が大きいので気長に待ちます。

ダウンロードが完了したら「Windows6.0-KB948465-X86.exe」をダブルクリックで実行、指示された通りに操作をして適用しましょう。

詳しい操作は以下のブログが詳しいです。参考にさせていただきましょう。

○Windows Vista SP2をダウンロードしてみた! - 裏技shop DD
http://shopdd.blog51.fc2.com/blog-entry-839.html

後継製品への移行

これは製品を購入していただくしかありません。家電量販店や通販などで購入すると確実です。製品情報をよく読んで自分に合った製品を購入しましょう。

○Office 製品 - Office.com
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/

○Windows ホーム: Windows 製品情報、機能比較、アップグレード情報、ダウンロード、デモ
http://www.microsoft.com/japan/windows/

参考URL

○Windows Vista SP1、Office XPなどのサポート期間が7月13日に終了 - INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110629_456920.html

○製品のサポート終了についてのご案内 - マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/default.aspx

○最新の Windows Vista Service Pack を入手する方法 - マイクロソフト
http://support.microsoft.com/kb/935791/ja

○Office 製品のプロダクト サポート ライフサイクル - マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/office/previous/2003/business/lifecycle.mspx

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2