デスクトップ画面の壁紙を変更する方法

Windowsの基本操作のひとつです。

デスクトップ画面の背景にある「壁紙」は、ユーザーが好きなように変更することができます。デジカメなどで撮影した画像や、インターネットで見つけた画像を設定することができます。カレンダーが付いているものもありますね。

デスクトップの壁紙で気分が変わるものですから、皆さんもご自分の好きな画像や絵を壁紙に設定してみては如何でしょうか。


設定方法(Vistaの場合)

  1. デスクトップ画面の何もないところで右クリックします。でてきたメニューの一番下から「個人設定」を選択します。

    個人設定

  2. 「デスクトップの背景」をクリックします。

    デスクトップの背景

  3. ここで背景画像(壁紙)を設定できます。「場所」あるいは「参照」から画像が保存されている場所とファイルを指定します。ウインドウ下には壁紙の配置方法も指定できます。すべて指定できたら右下の「OK」をクリックしてください。壁紙が適用されます。

    壁紙の設定

画像を直接指定し壁紙に指定する方法

もうすでに適用したい画像が決まっているなら、態々この操作をしなくとも一発で適用する方法があります。

デスクトップの背景として設定

▲適用したい画像を右クリックし、出てきたメニューから「デスクトップの背景として設定」を選択するとすぐに背景が設定できます。

設定方法(7の場合)

  1. デスクトップ画面の何もないところで右クリックします。でてきたメニューの一番下から「個人設定」を選択します。

    個人設定

  2. ウインドウ下側に「デスクトップの背景」という項目があるのでそれをクリックします。

    デスクトップの背景

  3. ここで背景画像(壁紙)を設定できます。「画像の場所」あるいは「参照」から画像が保存されている場所とファイルを指定します。ウインドウ下には壁紙の配置方法も指定できます。

    また、「画像を変更する時間」を設定すると、上の枠内でチェックした画像が指定された時間で壁紙が自動的に変更されます。シャッフルにチェックを入れればランダムに壁紙が変更されます。すべて指定できたら右下の「OK」をクリックしてください。壁紙が適用されます。

    壁紙の設定

画像を直接指定し壁紙に指定する方法

もうすでに適用したい画像が決まっているなら、態々この操作をしなくとも一発で適用する方法があります。

デスクトップの背景として設定

▲適用したい画像を右クリックし、出てきたメニューから「デスクトップの背景として設定」を選択するとすぐに背景が設定できます。

モニター、画像の解像度を確認する

解像度は適切に設定すると綺麗に収まる

画像の解像度とモニターの解像度が一致すると余白などが発生せず綺麗に設定することが出来ます。(※解像度:画像やモニターの大きさと考えていただければ結構です。)

モニターの解像度を確認する(Vista)

デスクトップ画面の何もないところで右クリックします。でてきたメニューの一番下から「個人設定」を選択します。そしたら次に「画面の設定」を選択します。

画面の設定

画面の設定

▲「画面の設定」ウインドが出たら下の方にモニターの解像度が表示されます。(画像赤枠の部分)

モニターの解像度を確認する(Windows 7)

デスクトップ画面の何もないところで右クリックします。でてきたメニューから「画像の解像度」を選択します。

画像の解像度

画像の解像度

▲「解像度」という項目で確認できます。

画像の解像度を確認する

確認したい画像を右クリックし「プロパティ」を選択します。

プロパティ 解像度

▲「詳細」タブの「イメージ」にある「大きさ」あるいは「幅」「高さ」で解像度を確認できます。

また、画像の上にマウス カーソルを置いてしばらく待つと簡単な詳細が表示されますので、ここの「大きさ」でも確認できます。画像を選択した状態であるならエクスプローラー下側にも表示されます。

画像の解像度

壁紙を設定するときの注意点

例えば、デジカメなどで撮影した画像は解像度が非常に高く、容量も大きいです。この状態のまま壁紙に設定すると、パソコンに大きな負荷がかかってパフォーマンスが落ちる場合があります。

このように容量が大きい画像は壁紙に適していないので、適切な解像度に圧縮させる必要があります。

以下のようなソフトを使うと簡単に縮小できます。

○グラフィック変換 - Vector
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/graphics/conv/

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2