Windows 7、Server 2008 R2のSP1が一般公開

日本マイクロソフト株式会社は23日、Windows 7とWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)を一般ユーザー向けに公開しました。

Windows Updateと同社のダウンロードセンターから入手できます。しかし、Windows Updateでは自動更新が提供されていないため、ユーザーは手動による適用となります。


改善点・追加機能など

Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1では、従来のサービスパックと同様、これまでWindows Updateを通じて提供されてきた更新プログラムをまとめて提供する。またWindows Server 2008 R2 SP1では新機能として、仮想環境での動的メモリ管理を実現する「Dynamic Memory」と、仮想デスクトップ環境向けの拡張機能「RemoteFX」が追加された。

このうちRemoteFXでは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ)環境においてDirectX9をサポートする「RemoteFX 3D ビデオ アダプター」、クライアントPCに接続したUSB機器をVDI環境にリダイレクトする「RemoteFX USB」の両機能が提供され、仮想デスクトップの利用を後押しするとしている。

一方のWindows 7 SP1では、RemoteFXへ対応するための「RDP 7.1」を除くと、特に新機能は追加されていない。こちらはDVDメディアでも提供され、日本マイクロソフトのオーダーセンターで注文できる。発送は3月14日以降の予定で、価格は1050円。

Windows 7/Server 2008 R2のSP1が一般公開 - INTERNET Watchより引用

つまり、Windows Server 2008 R2 SP1にはいくつかの新機能が追加されましたが、Windows 7 SP1には特に新機能は追加されていません。主に今までの修正パッチをまとめたものだと考えていただければ問題ありません。

しかし、新しいバグの修正も少し入っているので適用は行なってください。

また、SP1が適用されるとOSのサポート期間も延長されます。サービス パックの提供が開始されると、その1つ前にリリースされたサービス パックは24ヶ月間サポートが提供されるからです。

これについては私のサイトや他のサイトでも情報が載っているので参考にしてみてください。

マイクロソフト サポート ライフサイクル - マイクロソフト
http://support.microsoft.com/gp/lifecycle/ja

web memo.Ver.2 「Windows 7&Vista&XPのサポート期間まとめ」
http://128bit.blog41.fc2.com/blog-entry-241.html

第11回 Windowsのサポート期間とサービスパック - このサイト

適用方法

Windows Update

Windows Updateによる適用では、Windows 7が32bit版か64bit版かを自動的に判断して最適なSP1をダウンロード・適用するので簡単です。「スタートメニュー」の「コントロールパネル」にある「Windows Update」からダウンロードと適用を行なってください。

「Windows 7 Service Pack 1」が見つからない場合は「更新プログラムの確認」を実行すると「重要な更新プログラム」としてWindows 7 SP1が見つかるはずです。チェックを入れ「更新プログラムのインストール」をクリックしましょう。

適用が完了するとパソコンは再起動を求めるので、作業途中であった場合は作業データを保存しパソコンを再起動させましょう。

マイクロソフト ダウンロードセンター

マイクロソフト ダウンロードセンターで配布されているアップデートプログラムを適用する方法もあります。こちらで配布されているのはWindows 7およびWindows Server 2008 R2の32bit版と64bit版のDVD isoイメージファイル、Windows 7およびWindows Server 2008 R2の32bit版(x86版)用と64bit版(x64版)用のスタンドアロンインストールパッケージ(個別でダウンロード可能)です。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (KB976932) - マイクロソフト
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c3202ce6-4056-4059-8a1b-3a9b77cdfdda&displayLang=ja

ISOイメージの場合はライティングソフトを用いてDVDに焼き、光学ドライブから読み込ませ適用させる方法と、仮想光学ドライブ作成ソフトを用いて仮想的な光学ドライブでISOイメージを直接読み込ませ適用する方法があります。

どちらにせよ手間のかかるものですのでやり方をご存じの方がこの方法で適用するといいでしょう。

マイクロソフトによる解説サイト

参考URL

Windows 7 SP1導入ガイド~導入方法と、導入したら何が変わるのか - INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20110223_428706.html

上記サイトでは詳しく導入方法と、適用によるWindowsの変化が解説されています。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2