Skypeを同時に2つ以上起動させる方法

今やチャット・通話をするために必須のツールとなった「Skype」というソフト。
皆さんもお使いになっている方は多いかと思います。

非常に便利かつ無料、そのため複数アカウントを所持している方もいるでしょう。
仕事用と友人用などといった感じですね、私もいくつかアカウントを所持しています。

ただ、このSkypeは通常同時で起動することができないのです。そのため、2つのアカウントを切り替えながら使用する必要があります。とても面倒です。

しかし、ちょっとした裏技を利用すると、なんとSkypeが2つ以上同時で起動できてしまうのです!
しかも別々のアカウントでログインも可能。これで面倒な切り替え作業もなくなります。

それでは、その方法を解説したいと思います。

Skypeってなに?という方はこちら↓。

サイト内リンク:Skype - チャットやビデオ通話も無料で可能な音声通話ソフト

Skype同時起動
▲同時起動するSkype


/secondary コマンドを利用

Skypeにはいくつかのコマンドラインオプションが用意され、一部が公開されています。
以下、ヘルプより引用。

コマンド 説明
/nosplash Skypeの起動時にスプラッシュ画面を表示しません。
/minimized Skypeの起動時にSkypeをシステムトレイに最小化します。
/callto:nameornumber 指定したSkype名または電話番号と通話します。
/shutdown Skypeを終了します。
/secondary 追加のskype.exeインスタンスの開始を許可します。

コマンドラインからSkype for Windowsを実行できますか?

この中で、最後の「/secondary」を利用します。以下の手順で「ファイル名を指定して実行」ウインドウを表示します。

Windowsのタスクバーから、「スタート」>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「ファイル名を指定して実行」の順にクリックします。(または、キーボードで「Windows」キーと「R」キーを同時に押します)

そしたら、以下のコマンドを入力し「OK」を選択してください。

"C:\Program Files\Skype\Phone\Skype.exe" /secondary

※64bitOSを利用している場合は「"C:\Program Files (x86)\Skype\Phone\Skype.exe" /secondary」になります。

ファイル名を指定して実行

Skype同時起動

▲これでSkypeが同時起動できました。別々のアカウントでログイン可能です。3つ以上起動する場合も同じです。
チャットやファイル転送などはそれぞれのSkype画面で行われます。

ショートカットに登録し簡単起動

いちいち「ファイル名を指定して実行」ウインドウを出すのは面倒なのでショートカットアイコンにコマンドを入力して、ダブルクリックで同時起動できるようにしましょう。

  1. まずSkypeの実行ファイルである「Skype.exe」を見つけます。
    標準で以下の場所にあると思います。

    C:\Program Files\Skype\Phone\

    ※64bitOSを利用している場合は「C:\Program Files (x86)\Skype\Phone\」

  2. 見つけたら Skype.exe を右クリックして、「送る」>「デスクトップ(ショートカットを作成))」と選択します。

    デスクトップ(ショートカットを作成))

  3. デスクトップ上に Skype.exe のショートカットアイコンが表示されるので、右クリック > 「プロパティ」と選択します。そしたら「リンク先」の部分に、最初の方で「ファイル名を指定して実行」に入力したコマンドと同じものを入力します。

    "C:\Program Files\Skype\Phone\Skype.exe" /secondary

    ※64bitOSを利用している場合は「"C:\Program Files (x86)\Skype\Phone\Skype.exe" /secondary」。

    コマンド入力

  4. これで完了です。名前に「同時起動用Skypeショートカット」とでもリネームしておけば分かりやすいでしょう。
    このアイコンをダブルクリックすることでSkypeが同時起動できます。

アカウントを2つ以上所持している方は一度お試しになることをお勧めします。
作業がとても楽になると思います。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2