ブログ記事を書くときに私が気をつけていること By解説系ブログ

ブログを始めて3年が経とうとしています。早いものですね~

このブログも日々のアクセス数が安定してきています。自分で言うのも何ですが、それは世の中の需要に合っている情報を書けているからだと思っています。ノウハウもそこそこ身についたのではないでしょうか。

なので、このブログ初である「アクセス数を上げるためのノウハウ記事」を書きたいと思います!

といっても、内容は「いつもどうやって記事を書いているの?」をまとめただけです。ネタの集め方とか。

たった3年で得てきたものなんて大したことではないのですが、たまには解説以外の記事も書きたくなるのです(笑
ただ、内容はよくある他のブログのノウハウ記事と似たこと長々と言っているので興味ないよという方はスルーで!

また、この記事の注意点として「私の場合」という前提が常についていますので、すべて鵜呑みにせずご自分のやり方を模索する際の参考程度としてお読みいただければ幸いです。


ネタは「過去の記憶」と「今の最新」と「日常」で集める

「記事のネタ」、ブログを書く方はこれに悩むことも少なくないでしょう。

「ネタがなくて記事が書けない」と嘆いてしまう、そしてブログそのものをやめてしまう。
趣味のブログは義務でも仕事でもないですからね、話す内容もなく面倒ならばやっぱやめてしまいます。

逆に言えば、ネタが尽きなければ結構ブログって続くものだと思っています。

では、どうやってブログのネタを探すのか。
これはブログの特性(方向性)によって異なってくるでしょう。このブログは「パソコン関連の初心者~中級者向け解説ブログ」となりますので、私は以下のような感じでいつもネタを探しています。

  • 過去の経験と記憶を生かす
  • 最新の情報を興味を持って追ってみる
  • 日常から探す
  • 他のWebサイトも見てみる

今まで学んできたこと、面白かったことから探り出せ

解説ブログになりますので、過去の経験からネタを引っ張り出すことができます。

「こうゆう機能があったな~」「そういえばこんな仕組みだったな~」という記憶から最初のネタを持ってきます。思い出せないのならば、今使っているパソコン内をぱっと詮索してみると、過去に設定・導入した機能やソフトウェアがでてきます。

記憶は「きっかけ」があるとすぐに思い出せるような仕組みになっているようです。なので「何か面白いことないかな~」とふらっと探していけば記事にしたくなるものが必ず見つかります。初心者向けの記事も書いているので、本当に基本的なことも記事にできますからこれで何かしらは見つかりますね。

"主観" が記事に個性を出す

これは他のジャンルで書いているブログにも当てはまるでしょう。今まであなたが経験し学んできたことは財産です。他人では得られることがない「"主観"を含んだ経験と知識」の中で、伝えたい事柄があったらそれを記事にすればよいと思います。

"主観"という部分が大事です。これがないと記事全体で個性をだせません。

例えば「パソコンの電源はスタートメニューから切る」という超基本的でかなり客観性の強い内容でも、後に「本体の電源ボタンからでも正常に切ることができる」ことを知り「これは便利だ!」と感じたのならば、内容の比重を「電源ボタンから切る方法」へ偏らせてみよう、と思うかも知れません。

あなたが便利だと思った、そしてそれをみんなに伝えたいならば「これは便利だよ!」という部分の他に「内容の比重や順番」にも個性を出せるようになります。自然と他のブログとの差異化が図れるわけですね。

なので、記憶からネタを引っ張り出してくるときには一緒に「それを見てどう思ったか」「どういった操作を自分がしたのか」まで思い出せれば完璧です。これでもうネタとしては十分ですね。

記憶から引っ張り出したネタはこれですぐに執筆を始められます。裏取りだとかはそこからでも間に合います。

最新の情報を興味を持って追ってみよう

情報系ブログに限りませんが、最新の情報はユニークな記事を書きやすく良いネタとなります。

新しい機能や商品がでた、政治や経済が動いた、近くに新しいお店ができた。新しい情報は競争者が少ないので単に紹介や感想だけでも価値がでてきます。情報が少ないからこそ、その少ない情報を求めてあなたのブログへ訪れてくれるかも知れません。また、他の人はそれを知らない可能性が高いため、取りあえず知って貰おうという記事のネタもできますね。

あるいは、最近の情報をみて「じゃあ一緒に過去のことも調べてみてまとめてみよう」となったり、関連したキーワードがでてきたときに脳が刺激され「面白そうだからこれを記事にしてみよう」となったりするので、興味があることの最新情報を常に見て回ってみることができれば結構ネタが集まります。

最近の私の記事で例えるならば「foobar2000で「refalac.exe」を使いALACファイルへ変換する方法」ですかね。

これは「音楽形式のひとつ"ALAC"の仕様をアップルが公開した」という情報を以前ニュースサイトで目にしたので、その時に「音楽」→「取り込みたいな~」→「EACというソフトがあったな(記憶)」→「設定方法どうなんだろう」→「調べて成功したら記事にしよう」ってな感じに思い描いて書いたやつです。

音楽というキーワードで取り込みソフトの名前がでてきたので「調べて成功したら記事にしよう」といった感じでネタが掘り出せました。連想ゲームみたいに考えていけばすぐネタは見つかります。

日常から探す

これは他のサイトでもよく言われてることですね。

日常生活の中から「これ面白かった」「便利だった」というものがあり「それを伝えたい」と思ったのならばもうネタとして十分です。私の場合は「レビュー」記事がそれに当たります。

以上の記事は「音楽プレイヤーを買った、便利だったから記事を書いてみよう」という単純な理由で書いたものです。
ただ、その場でふと記事にしようと思っても忘れることがあります。なので「メモする」ことが大事です。

紙、パソコン上のメモ帳、TwitterなどのSNSに「ブログのネタメモ」みたいな感じで保存しておきます。ブログ記事を書く時間が取れたならば、その"ネタ帳"を見返すときにはネタの宝庫となっている、といった感じです。

私はよくTwitterで「ブログネタメモ」と称してツイートしてます(笑
携帯電話からでもメモできますから便利ですよね~

他のWebサイトを見て回る

大体以上の3つのことをやっていればネタは集まります。

それでも見つからなかった場合は自分と似たことを書いているサイトからネタを頂戴します。ただ、注意してほしいのは「転載」とならないようにすること。あくまで頂戴するのは「ネタ」であって「内容」ではありません。

「あ!こうゆう話があったか!」となったら、あとはそのサイトを「裏取りサイト」として読み、自分のところは別の視点・方法で書いた「己の文章」として書きます。間違っても他人の文章をそのまま書かないように。

ブログの方向性を考えて記事を書く

さて、ネタが集まればあとは記事を書く作業に入るわけです。
アクセス数を稼ぐためには、もちろん有益な記事を書くことが大前提になるわけですが、さてどう書けばよいか。

私が気にしていポイントは「ブログの方向性に合った記事を書くこと」です。

ブログを始める時、私はこのブログの方向性を決めました。
まず「パソコン系の総合情報ブログにしたい」ということ、次に対象者は「パソコン操作の初心者~中級者」であること、そして「できるだけ親切に書くこと」、この3つです。基本的にこの3つを軸に記事を書いています。

このようにブログの方向性を決めていないと、ジャンルが分散しすぎてインパクトのある記事が書きにくくなります。
あれもこれもと記事にしていくと、ひとつのことに専門性が無くなっていって薄い内容になりやすくなります。

なので、ブログの「性格」を決めてそれに合った内容を書いていくと人気が出やすくなると思います。
それでも色々書きたいことがある!という場合はブログを分割してみるのもよい手でしょう。

文章構成考えずにそのまま書く (非推奨)

完全に間違っているとは思うのですが、正直私は全体の文章構成全く考えておりません。

一応全体の流れをイメージしながら書いてはいますが、何かに下書きしたりとか構成を真剣に考えたりとかはしていません。
基本的に一発勝負!タイトルから冒頭文、本文と順に思い浮かんだことを素直にそのまま書いております。

もちろん、何度か修正はしたりしていますが「まずは○○を書いて、次に××、そしてまとめ~」みたいにWordとかで全体の流れをまとめたりせず、完全にイメージに頼ってます。

記者として仕事している方から見れば言語道断のやり方ですね(笑

昔は確かに全体の流れをしっかり決めてから記事を書いていたのですが、書いていくと「あ、これも書いておこう」「やっぱこれはいらないか」となっていって、結局最初の計画が無意味になるほど変更されている状態になることが多かったのです。

ならばもう無計画で書きたいこと書いていった方がいいか!となってまさに今もあまり流れを考えずに書いております。

私はこんな感じで書いておりますが、推奨される書き方では絶対無いと思いますのでおすすめはしません(笑

できるだけ親切に書く

よく「小学生でも分かるように書く」と言われますが、流石にこのジャンルでそこまで分かりやすくは書けません。
そこまで分かりやすく書いたら記事がいくらあっても足りません。

ですが、専門用語ばかりでは何言っているか分かりません。それでは言いたいことも伝わりませんし、何よりこのブログの「性格」に反します。詳細かつ分かりやすく、それがモットーです。(本当に分かりやすい文章かどうかはさておき・・・)

用語解説は出現直後に書く、大事な用語は解説専用の段落も

よく難しい用語が出ると※としてまずチェックし、記事の最後に※の解説をまとめるという手法があります。
正直言いますと、私あれ嫌いです(笑

いちいち行ったり来たりする羽目になるので、私の記事は重要な用語の場合必ずその近くに解説をつけています。
数行で済む場合は囲みだけで解説しますが、記事全体で重要な用語では用語解説のみの段落を用意します。

寄り道で一緒に知識が付くように書く

用語解説に文章を割けば確かに記事は長くなります。長すぎる記事は敬遠されやすいものです。

しかし、私は自分がやろうとしていることの"理屈"も知って欲しいと思っています。なので、目的を達成するだけでなく付属して色々な知識が身につくように記事を書いています。右隣のスクロールバーを見て「長!」と思って読むのをやめてしまう方も居るでしょう。申し訳ありません、私の記事はかなり長くなります(笑

できるだけ余計なことを書かず、スマートに記事を書こう!と言われていますが、逆に私は余計なことをどんどん盛り込みます。寄り道しまくりです。「これも一緒に解説しておこう」と思ったらすぐ書きます。

盛り込める情報はどんどん盛り込む、めんどくさいとは思わないで細部まで解説してみよう。
私の記事はそうやって書かれています。

以上の記事は「WASAPIの概要について」を最初に持ってきています。これで記事の半分を使っています。
ここまで書いたのは、やはり仕組みを知って貰いたかったからです。「目的が達成できればいい!」という方には余計な情報で排除すべきところなのですが、それではこのブログの個性が無くなってしまうので私はやりません。

重要でない解説は「次のステップ」となる程度で

もちろん、全部を解説していたら流石に長くなりすぎるので「どこまで書けばいいのか」は考えます。
以上のことはあくまで「意気込み」ですから。
どこまで書くかの基準ですが、私は「検索して調べられるキーワードを示せる程度」を基準にしています。

先ほどの記事では「カーネル/ユーザー モード」について少し書いてあります。難しい話で、かつ重要な部分でもありませんが、「次へのステップとなる情報」として補足しました。

「ここまで知っておけば大丈夫、もっと知りたい場合はここから調べてみるといいかも」を補足という形で示します。
なので、そこまで重要でない用語の解説はキーワードを書く程度に収めて記事が長くなるのを防ぎます。

画像を用意する

解説ブログなのですから、画像(特にソフトウェアのウィンドウなど)は多用します。

一度でもソフト紹介などをしたことがある方は分かると思いますが、結構キャプチャするというのは大変な作業なのです。
キャプチャして、縮尺したものと拡大用のものを用意し、必要があれば画像も加工する。

面倒ではありますが、やはり文章だけではわかりにくいですし読みにくいです。
出来る限り画像を使いながら解説しております。

関連記事を示してあげる

過去の記事で関連する記事、または用語解説をしっかりしている記事があった場合はリンクを貼ります。これで記事が長くなるのを防ぎ、かつ詳細な情報を知るための道しるべができたことになります。

ページビュー数も多くなるので一石二鳥です。過去の記事は有効活用していきましょう。

「まとめ」る

これはやらないことも多いのですが、大体の記事で最後に「まとめ」を書いてます。

これが無いと文章としての体裁が決まらないような気がして・・・
私の記事はかなり長くなることが多いので、最後にまとめを入れて「終わったよ!」と一息いれさせてあげたほうがすっきりすると思うのです。

ただ、単にまとめるのもつまらないのでここで他の情報を軽くいれておきます。(書く情報があった場合)
例えば「次はこんな記事書く予定です」「こんなソフトもあるんだけど」「解説してないけどこんなこともあるよ」みたいな感じです。最後の補足ですね。

こうすれば次の記事を読んでくれるかも知れませんし、読者の次の目標を示してあげられるかもしれません。
まとめって案外大切だと思うのです。

書き終わったら読みやすいかどうかチェック

一通り書き終わったら最後に「読みやすくなっているかどうか」をチェックします。

変な文章になっていないかということも確認しますが、一番気にしているのは「ちゃんとした改行がなされているか」です。
改行と段落、これがしっかりしてないと文章が良くても"すらすら"読めなくなってしまします。

私の改行の仕方が最良とはいいませんが、読み返してみて「読みにくいな」と感じたところは改行の箇所を見直してみるとかなり読みやすくなります。これは思った以上に効果あると思います。

完璧な改行、段落分けをしてみたいならば、それ専用の専門書やサイトを探して勉強してみてください。

この書き方の欠点

まず1つ、お分かりかと思いますが記事が長くなりすぎます。

人間の心理として「暇がないと長い記事は読まない」ので、長いだらだらした記事は読まれることが少なくなります。
長い記事の中でも「読まれやすくする方法」はあると思いますが、私は知らないので"今は"書きたいこと書きまくります。

ひとつやっていることがあるとすれば、冒頭部分である程度の「記事の長さ」を提示してあげる、ということでしょうか。
要は「読む前に覚悟してくださいね」と入れておいて準備させてあげるのです。こうすれば「この記事長い!」と途中で嫌になり去っていく方も少なくなると思います。

次に、記事に色々情報を詰め込むので「完結」した記事になりやすくなることです。
それはつまり、解決したら訪問終了となってしまいやすくなるということです。リピーターを増やすにはここからさらに工夫が必要になるでしょう。「まだまだいっぱい情報あるよ!」と知らせるようなデザインにすればいいかもしれません。

最後に、画像を多用するのでサイトが重くなること。
これはもう技術でなんとかするしかないです。基本は縮小した画像を表示し、クリックによって拡大させることで一度のトラフィック(ネット上に流れるデータ)を少なくするようにはしています。また、縮小した画像は荒くして容量を小さくしてみたりもしています。余計なところでは画像を使わないとかも。

これは削れるところを徹底的に削っていくしか方法はなさそうです。

他にも問題点はありますが、取りあえず以上が一番の問題点かもと思い載せてみました。

まとめ - 金銭的な儲けは考えてないよ

はい、今回も長くなりました!最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログ初の「ノウハウ記事」です。今まで3年書き続けてきて、今どうやって記事をかいているのかをまとめてみました。最初に「アクセス数を上げるため~」とは書きましたが、すいません効果のほどは自信ありません・・・

3年程度で学んできたことが皆さんのお役に立てるかどうか、一抹の不安はあります。
ですが、このような記事も書きたくなったことも事実。何かしらお役に立てたのならば私も嬉しいです。

最後にひとつ。

このブログはほとんど収益など考えていません。まぁちょっとは儲かるといいな~なんて思ってAmazonとか使ってますが、基本は収益になるようなデザインでもないし、そうゆう文章にもしてません。

広告だらけの記事は読みたくないですからね!私はあくまで情報を提供していくだけです。

ブログをやっている理由、それは「趣味」という名の「自己満足」なのですよ。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2