nrLaunch - マウスを回すだけで起動できる軽快なランチャーソフト

今回ご紹介するソフトは「nrLaunch」というランチャーソフトウェアです。

ランチャーソフトウェアとは、マウスの動作やホットキーなどの簡単な動作でソフトウェアに登録した各アプリケーションの実行をしたり、ファイルやフォルダを開くことができるデスクトップアイテムの1つです。通常はタスクトレイなどに常駐し非表示になっていますが、マウスの動作やクリックなどの簡単な動作で表示され、登録されているアプリケーションの実行をいつでも簡単に行うことができます。

今回は、そんなランチャーソフトウェアの中で私が愛用している「nrLaunch」を紹介します。

このソフトの特徴は、軽量な動作が可能であることも評価ポイントですが、画面上でマウスを指定した回数回転させるだけでランチャーを表示させることができる「くるくるマウス」機能が搭載されていることです。キー操作も不要でアプリケーションの実行が可能になるため非常に重宝しております。

nrLaunch nrLaunch
▲左:標準状態のnrLaunch / 右:スキンを適用してボタンの設定を変更したnrLaunch


nrLaunc

ランチャーソフトウェアの1つです。動作は軽快でCPUやメモリを無駄に使用することはありません。

起動にはクリック数回や「くるくるマウス」機能でマウスを回転させるだけでもnrLaunchを起動できます。キー操作すら必要ないところも私としては評価できます。ボタン型です。

nrLaunchのダウンロード

このソフトウェアはnoraneko氏によって作成されたボタン型ランチャーですが、現在は作者様の配布ページが閉鎖しています。「nrlaunch.txt」を読むと『転載、配布は自由にしていただいて結構ですが内容を改変せずにお願いします。』と記載があるので、こちらで配布させていただきます。

下記よりダウンロードしてください。

最新版「nrl2014r2.zip」のダウンロード

対応OS

Windows98/ME/2000/XP (16bitカラー以上の環境)

となっていますが、WindowsVista以降でも正常に動作してくれます。

特徴

  • ボタン型ランチャーソフトウェアです。開発は終了しています。
  • クリックやマウスの回転でランチャー画面を表示できます。
  • スタートアップに登録する機能があるので、パソコンの起動と同時にnrLaunchも起動できます。
  • 環境設定でボタンの数や表示方法などを細かく調整できます。
  • スキンファイルによってデザインを変更できます。

開発はすでに終了してしまっていますが、それでもこのソフトウェアは愛用しています。

クリックによる起動もできるのですが、「くるくるマウス」機能によってマウスを数回回転(標準では2回)させるだけでどこでもランチャー画面を表示させることができるようになっています。ボタンの数や大きさ、表示方法やスキンによるデザインも変更できるため、自分の使いやすいようにデザインを変更することも可能です。

スタートアップに登録することでパソコンの起動と同時にnrLaunchも起動できます。動作も軽く負荷もほとんどないのでどのようなパソコンでも利用できるかと思われます。ぜひお試しください。

インストール

ZIPファイルを解凍後、下記のようなファイルが展開されます。
保存場所は任意ですが、「Program File」辺りが適当でしょう。

ファイル構成

この中にある「Nrl.exe」を実行すると、初期設定として「設定ファイル保存先の設定」がでます。
設定ファイルをユーザー名別に作るか、「Nrl.exe」のある場所へ作るか、任意の場所を指定するか決められます。こちらも任意です。個人的にはなくさないためにも「Nrl.exe」と同階層やユーザー名別に作ると良いかと思います。


▲クリックで拡大

「OK」をクリックすればnrLaunchが起動します。

nrLaunch
▲nrLaunch

ボタンの追加

ボタンを追加するには、ボタンを右クリックしてメニューから「ボタンを追加」を選択します。

「ボタンの追加」ウィンドウが表示されます。

  • 「ボタンの種類」で指定したアプリケーションを起動するか、パソコンの電源を操作するかが指定できます。
  • 「名前」でボタンの名前を決めます。
  • 「ファイルの場所」で実行したいアプリケーションを指定します。右隣の「参照」で指定できます。ショートカットファイルを指定した場合はショートカット先の実行ファイルが指定されます。「フォルダ」を指定することで任意のフォルダを開くこともできます。
  • 「実行時パラメータ」では、アプリケーション実行時に渡すパラメータを指定できます。
  • 「優先度」では、起動するアプリケーションプロセスの優先度を指定します。
  • 「同時実行」では、ボタンを押した時に同時実行されるアプリケーションなどを追加登録できます。

詳細はヘルプにて記載されています。

ボタン登録 ボタンが追加された状態
▲クリックで拡大

スタートアップ登録

nrLaunchの枠の部分を右クリックし、メニューから「環境設定」を選択します。

環境設定

「起動」タブを開き、「スタートアップに登録」を選択するとスタートアップへ登録されます。
次回Windows起動時からは、自動でnrLaunchも起動します。解除する場合は「スタートアップから削除」です。

スタートアップ登録
▲クリックで拡大

参考

◯ブログ内リンク:パソコンの起動と同時にソフト自動起動 -スタートアップ登録方法-

くるくるマウス

同じく環境設定を開き、「くるくるマウス」タブを選択します。

ここでは、nrLaunchのランチャー画面を出すためのマウス動作を指定できます。
この機能が有効になっている場合 マウスを指定した回数回転させることでランチャー画面を出させることができます。回転する方向や回数、認識時間を任意で指定できますのでご作動しない程度の範囲を考えて指定するとよいでしょう。

初期設定では「2回」「時計回り」にマウスを回すと画面が出ます。

くるくるマウス
▲クリックで拡大

ページを増やす

ボタン上で右クリックし、メニューから「ページメニュー」→「新しいページを作成」を選択します。

すると、新しくnrLaunchにページが加えられます。ページごとに登録するアプリケーションなどが指定できるので、ボタンの整理もでき便利です。ページは左へ送ったり右へ送ったりすることもできます。

新しいページの作成 新しいページ

ボタンデザインの変更

nrLaunchの枠の部分を右クリックし、メニューから「ボタンの設定」を選択します。

ボタンの設定

ここでボタンデザインの設定を変更できます。ボタンの大きさや横/縦の列にいくつボタンを配置するか、ボタンにアイコンとテキストを表示させるか、アイコンの位置などが設定できます。初期設定では結構小さめなので、少し大きめにしてつくるとボタンが押しやすくなります。

「ボタン バー」は、各ページすべてに共通してランチャー画面下部に常に表示されているボタン群です。

ボタンの設定 1 ボタンの設定 2

改造後
▲このように、ボタンのお大きさや幅、数などを指定できます。

スキンの変更

nrLaunchの枠の部分を右クリックし、メニューから「スキンの変更」を選択します。

ボタンの設定

ここでは、登録されているスキンファイルを使用してランチャー画面のデザインを変更できます。
このスキンは、標準で登録されているものだけでなく、別に配布されているスキンが豊富にあるので好きなスキンを探してきて適用することも可能です。

私は「LiquidCrystal Gray」というスキンがお気に入りです。

スキン

スキン
▲このように、スキンによってデザインを根本的に変更することもできます。背面透過もできます。

スキン配布サイト

まとめ - 個人的にとてもおすすめなランチャー

以上、メインとなる機能のみ紹介してみましたがいかがでしたか。

ランチャーソフトウェアにはたくさん種類があって、このnrLaunchもその1つです。
それぞれ特徴があるのですが、特に気に入っているのが「くるくるマウス」によるランチャーの起動です。クリックやマウスジェスチャー、ホットキーや指定の場所でのクリックでランチャーが起動するものなどもあるのですが、個人的にはWindowsを操作していて誤動作しないような起動方法がよかったので、この「くるくるマウス」には非常に助かっています。

いつでもデスクトップ上のどこにいても手軽に起動でき、登録できるアイコンも整理が容易で、スキンによるデザインの変更も可能ですから自分の使いやすいように色々設定を変更することができるところも評価できる点です。

私が昔から愛用しているソフトです。興味がありましたらぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2