デフラグ 一覧

カテゴリ別記事一覧

デフラグとは、ディスクやフラッシュメモリ内のデータがあちこちに散乱した状態(断片化状態)を解消するための操作のことを言います。詳しくはこちらの記事で解説しています。

断片化したデータを読み込むと、パソコンは関連したデータを探しに行かなくてはいけないため、読み込み速度が下がります。これを解消するには、データを連続した状態に整理しなくてはいけません。これがデフラグという作業で、Windowsも標準でデフラグを行うソフトが付いています。

しかし、Windows標準のものだと性能がいまいちで細かい整理ができません。そんなときはこの「MyDefrag」を使いましょう。

MyDefragMyDefrag

続きを読む

断片化が起きてしまったHDDは、データの読み書きに時間がかかってしまい、パソコンのパフォーマンスが落ちてしまいます。それを解消し、パフォーマンスを劇的に改善するのが「デフラグ」という作業です。詳しくは以下の記事で解説しています。

第18回 Windowsのメンテナンス その2 ~デフラグを実行する~

しかし、このデフラグという作業、とてつもなく時間がかかってしまうのが欠点です。パソコンの性能がいまいちだったり、保存されているデータ量が多ければ6時間以上かかってしまうことも珍しくありません。

そのデフラグ作業をできるだけ早く終わらせるため、バックグラウンド(ひっそり起動している)でソフトが動いていない環境の中、他のソフトに邪魔されずデフラグを実行するソフトが「すっきり!! デフラグ」というフリーソフトです。
すっきり!! デフラグ

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

広告

Powered by Movable Type 6.3.2