機器・技術 一覧

カテゴリ別記事一覧

今年5月ころより国内での販売が開始された「Intel Optane Memory」を購入しました。

新しくIntelが投入したデバイスです。M.2端子を利用するNVM Express SSDの一種ですが、用途が特殊で「HDDへのアクセスを高速化させるための専用キャッシュドライブ」として利用します。

このOptane MemoryをHDDのキャッシュとして利用すると、HDDでありながらSATA SSD並かそれ以上にまでアクセス速度が高速化します。キャッシュ用なので「16GB」「32GB」という2タイプしか現在販売されていませんが、お値段もリーズナブルで32GBモデルでも1万円ほどで販売されています。

INTEL Optane Memory 32GB
▲Intel Optane Memory 32GB MEMPEK1W032GAXT

ただ、利用にはいくらか乗り越える壁があり、「CPUは第七世代Coreプロセッサー」「インテル200シリーズチップセット搭載マザー」「M.2端子搭載マザー」「OSはUEFI Windows10 64bit版」であるなど、かなり最新の装備を求められます。

何より、システムドライブでしか使えないという情報もあり、便利には見えるけど使いづらそうという方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、先月「ASCII.jp」より以下の記事を見つけました。

なんと、システムドライブ以外でも使えるらしい。「Intel Smart Response Technology(Intel SRT)」を利用するとのことで、本来のOptame Memoryの使い方とは異なるようですが、Dドライブでも効果があるならやってみよう!ということで購入しました。

32GBのOptane Memoryをデータ保存用のHDD(Dドライブ)のキャッシュとして使ってみます。

続きを読む

4月~6月は多忙なために更新が随分滞ってしまいました。申し訳ございません。
その間も色々やってはいましたが、やっと記事を書く時間がとれましたので少しずつ更新していきます。

最初の話題ですが、家のルーターを買い換えました。

以前はNECのルーターを使っていましたが、家内のネットワークを一度考えなしたところ、かなりの数の機器が繋がっていることがわかったので、古いルーターでしたしパワーに余裕がある高機能ルーターを購入することを決意。上記2つのルーターと子機を購入しました。

国内のメーカーではなくASUSという台湾のメーカーです。そのため、少し癖のある所もありますが、概ね満足いく買い物になりました。今回はこの製品について簡単なレビューでも書きたいと思います。ただ、多機能すぎるので便利な機能の一部のご紹介となります。

それでも多くの機能があるので、大変記事が長くなっています。お暇なときにお読みください。


▲クリックで拡大

続きを読む

先日、弟が利用しているパソコンのモニター(正確にはTV)が壊れてしまったと連絡を受けました。
駆けつけてみて調べてみましたが、電源周辺がだめになっていた様子。復旧は難しそうです。
ということで、私の使っていたモニターを1つあげました。しばらくはこれで耐えてくれるでしょう。

使っていたモニターが1つ無くなったので急遽モニターを購入することにしました。

今回購入したモニターは「EIZO FlexScan EV2450-BKR」です。

特にモニターに詳しいというわけでもありませんが、4万円というそこそこ高価なモニターなので、どんな感じの商品なのか書いてみたいと思います。安い部類とはいえ、憧れていたEIZO(ナナオ)ブランドのモニターがやっと買えたので嬉しいです。

EIZO FlexScan EV2450-BKR
▲「EIZO FlexScan EV2450-BKR」です。後ろのモニターは数年前に買った三菱のモニター。

続きを読む

パソコンをある程度長く操作してきた方は一度経験したこともあるでしょう。

コンピューターにはお馴染みの怪現象「文字化け」。

例えば「文字化け」とちゃんと入力したにも関わらず、別の環境へそのデータを持って行ったら「譁?ュ怜喧縺」と意味不明な文字になってしまったなど。一度は経験したことあるかと思います。私はMacOSからWindows環境へデータを移動させるときによく見ます。

一見「データが壊れてしまったのか?」と不安になってしまいます。しかし、元の環境に戻すと問題ない・・・
これは、別にデータが壊れてしまったわけではなく、パソコンが文字データを扱うための構造に起因する問題です。つまり、ちゃんと理論的に説明できる不具合なのです。

ということで、「文字化け」はなぜ発生してしまうのか、その原因をここで解説したいと思います。

続きを読む

ここ最近、「FacebookとTwitterに繋がらなくなった」という話を多く耳にしています。
奇妙なのは、パソコンからインターネットエクスプローラーを介す場合のみ出る症状ということ。

2014年10月14日、グーグルのセキュリティチームがネットワーク上で使用される暗号化技術「SSL3.0」に深刻な脆弱性があると報告しました。この脆弱性を突かれた攻撃を受けると暗号が破られてしまう危険があります。

つまり、インターネットを利用している皆さんの個人情報の安全性に関わってくる問題であることを言っています。

上記サイトで詳細に解説されていますが、「SSL 3.0」という暗号は非常に古いにも関わらず様々なサイトで依然として利用され続けている現実があります。これら問題はサイト運営者やネットサービス提供者、サーバー運営者には深刻な問題でそれぞれ対策を講じはじめています。

FacebookとTwitterもこの問題に対して対策を講じ、同月15日に「SSL3.0」を無効化し、代わりにSSL 3.0の次のバージョンである「TLS」という暗号に一本化した模様です。

今回発表されたこの問題に対してはこの処置で問題なくなったと言えますが、インターネットエクスプローラーを利用してこれらサービスにアクセスしていた方々から「FacebookとTwitterに繋がらなくなった」「このページは表示できません」という表示がでるなどの報告が上がっています。これはインターネットエクスプローラーが「TLS」による通信を使用しないような設定になっているからです。

そこで、この問題にあってしまったユーザーの皆様向けに「インターネットエクスプローラーでTLSによる通信を使用する」設定にする方法を紹介します。

接続できないときの表示
▲FacebookやTwitterへアクセスすると「このページは表示できません」とでる。

続きを読む

前回は「Wi-Fi」と「Bluetooth」の2つの無線規格を簡単に解説しました。

「Wi-Fi」はパソコンやスマートフォンなどで利用できる電波も強めの無線規格で、Bluetoothは短距離での無線通信を想定した規格でした。

2つの違いを紹介している記事なので詳細なところは話していません。なので、今回はこの中の「Wi-Fi」について、もう少し詳細な規格解説をしたいと思います。

※前回と内容が被る箇所がございます。

続きを読む

今となっては欠かせなくなった「無線」という技術。ケーブルが無くとも通信できる便利なものです。
昔はラジオ等でしか見かけなかったものですが、今では携帯電話を始めあらゆるものが無線化技術を取り入れています。

そんな中、私達がよく耳にする言葉の中で「Wi-Fi(ワイファイ)」や「Bluetooth(ブルートゥース)」などがあります。それぞれ無線に関わる言葉で間違いはないのですが、どういった違いがあるかご存知でしょうか。

パソコンでも無線LANでの接続も可能になり、スマートフォンも普及して様々な場面で無線接続する場面があるかと思います。説明書を読めば目的は達成できるはずですが、どうせならある程度は仕様を覚えてできるようになればトラブル等もうまく対応できるようになると思います。

ということで、ここではこの2つの無線規格の話をしたいと思います。

※Wi-Fiを重点的に解説した記事を書きました。下記ページよりどうぞ。

Wi-Fiの各規格と各種用語解説 - 周波数帯やチャンネルについて

続きを読む

このブログではパソコンについて幅広く解説してきました。
セキュリティ対策やソフトウェアの使い方、仕組みまで気になったことをどんどん記事にしてきました。

そんな中、ここにきて「パソコンって何?」という根本的疑問について話していきたいと思います。

ただ、哲学的なお話ではなく「どうゆう仕組みで動いているのか」を大まかに解説していきます。どういったパーツがあると「パソコン」になるのか、どういった流れで動いているのか理解していれば不具合(特に機器的なもの)があった時に原因解明の手助けになると思います。

よく使われるのは「パソコンの5大装置」という考え方です。パソコンを構成するのに必要な装置の総称です。
情報の授業や資格でもよく使われるので、今回はこれを元にして解説していきます。

続きを読む

今回の記事は解説記事ではなく、以前からやりたかったことができたその過程のメモ記事です。

以前からやりたかったことですが、トリプルモニター環境(3画面出力)を構築したかったんです。
私の使っているメインパソコンはマザーボードとして「P8Z77-V」、CPU「Intel® Core™ i7-2700K」、グラフィックカード「GeForce GTX560Ti」が搭載されています。

GeForce GTX560Tiだけで3画面出力できれば苦労はしないのですが、それは仕様上無理なのでCPU内蔵のGPUも併用した方法でトリプルモニターを実現しました。その方法を書いていきます。

※かなり簡素に書くので、特に用語解説はしません。ある程度パソコンに詳しい人向けです。

トリプルモニター

続きを読む

何度かこのブログでデータ圧縮(書庫やエンコードなど)について解説してきましました。

しかし、その詳しい仕組についてはまだ書いていません。実際、実践的なところは難しすぎるので長くなりすぎます。
(まず私もそこまで専門的なことはわかりません。プログラミングは今後しっかり勉強していきたいですね)

ですが、漠然と「取り敢えずデータが少なくなるんだよ!」と言われても釈然としないでしょう。
少なくとも、私は「元の情報を残したままデータを小さくするってどうやるんだろう?」と疑問を持ちました。

なので、この記事ではデータ圧縮の基礎部分でよく使われている「ハフマン符号化」について書いてみたいと思います。
情報数学のお話になりますが、概要だけならとても理解しやすいものなので、今回はこれをテーマにしてみます。データの圧縮とはどうゆうことなのか、その一端でも知りたい方はお付き合いください。

ついでに「なぜコンピューターは0と1で構成させているのか」「ビットとは」なども最初に補足として解説します。

続きを読む

カテゴリ別記事一覧
2017.07.23  Intel Optane Memory をDドライブのデータ用HDDで使ってみた
2017.07.15  ASUS高機能ルーター「RT-AC88U」と子機「EA-AC87」を購入しました!
2016.05.03  「EIZO FlexScan EV2450-BKR」 レビュー 新しいモニター買いました
2015.03.22  文字化けは何故起こるのか? ~文字化けの仕組み~
2014.10.18  FacebookやTwitterがIE経由で繋がらない原因と対処法
2014.07.20  Wi-Fiの各規格と各種用語解説 - 周波数帯やチャンネルについて
2014.07.13  Wi-Fi?Bluetooth? 2つの無線規格の違いについて
2013.07.03  パソコンって何?どうやって動いているの? 「パソコンの5大装置」を解説
2013.05.04  P8Z77-VとGeForce GTX560Tiでトリプルモニターを実現してみた
2013.03.16  データ圧縮の基礎『ハフマン符号化』の仕組みを見てみよう
2013.01.20  CD,DVD,BD - R,RW,ROMなど 3つの光学ディスクと規格の違い
2012.07.08  IPアドレスとセキュリティ - ネットワークの仕組み
2012.04.28  SSDを運用してくときに実行したい4つの寿命対策
2011.05.29  モデムとONU、ルーターの違い
2011.02.24  COWON J3のプレイヤー画面をUCIで改造してみた
2011.02.22  COWON J3 ジャケット画像の表示とプレイリストの作成
2011.02.15  「COWON J3」を購入!レビューみたいなもの書きます
2011.02.02  IPv4の枯渇も間近、IANAの未割り当てのIPv4アドレスブロックが残り5つ
2010.10.31  HDDに代わる新しい記録媒体、「SSD」とは何か

このページの上部へ

サイト内検索

広告

Powered by Movable Type 6.3.2