全てのエントリー

ヘッドフォンで5.1チャンネルサラウンド音響を実現するfoobar2000用DSPコンポーネント「Dolby Headphone Wrapper」の紹介。聴き疲れを低減させるお勧めコンポーネント。導入法と使い方の解説。 続きを読む

foobar2000を使って可逆圧縮形式(ロスレス形式)の音楽をMP3などへ変換(エンコード)する方法を紹介します。MP3へ変換することを中心に進めてきますが、同じ方法で他の形式にも変換できます。 続きを読む

foobar2000は、コンポーネントと飛ばれるファイルを追加することで機能を拡張できます。今回は、機能拡張として再生できる音楽のファイル形式を増やしてみたいと思います。再生に対応させるのは「APE,TAK,TTA」の3つです。 続きを読む

foobar2000は、外見や機能を自由にカスタマイズすることができる高機能オーディオプレイヤーです。「foobar2000のインストール方法」と「日本語化」、「プレイヤーとして動作させる最低限のところまでの使い方」「コンポーネントのインストール方法」を解説。 続きを読む

Exact Audio Copyを使って音楽CDを可逆圧縮形式「TTA」で取り込む方法を紹介。高音質(無劣化)で取り込むことができます。「TTA+cueシート」「トラックごと」で取り込む方法。 続きを読む

Exact Audio Copyを使って音楽CDを可逆圧縮形式「APE」で取り込む方法を紹介。高音質(無劣化)で取り込むことができます。「APE+cueシート」「トラックごと」で取り込む方法。 続きを読む

Exact Audio Copyを使って音楽CDを可逆圧縮形式「FLAC」で取り込む方法を紹介。高音質(無劣化)で取り込むことができます。「FLAC+cueシート」「トラックごと」で取り込む方法。 続きを読む

Exact Audio Copy【通称:EAC】は高機能リッピングソフトです。可逆圧縮形式で取り込む定番ソフト。CD音楽を任意のエンコーダーに通してリッピングすることが可能。高音質で音楽を取り込みたい方は必見。インストール・設定編。 続きを読む

不可逆圧縮音源の音声波形を見て、どのようにデータがカットされていくのか見ていきたいと思います。MP3、AAC各ビットレートごとで比較。 続きを読む

MP3などの非可逆圧縮音源は音のデータをカットして圧縮しています。つまり、CDから直接聴く音楽よりも音質が低下しているのです。それが嫌だという方は「可逆圧縮音源」で取り込みましょう。FLAC、APE、TAK、TTAの特徴。 続きを読む

Exact Audio Copyを使って音楽CDを可逆圧縮形式「TAK」で取り込む方法を紹介。高音質(無劣化)で取り込むことができます。「TAK+cueシート」「トラックごと」で取り込む方法。 続きを読む

HTMLで複数のJavaScriptを読み込ませようとすると、HTML内の記述が煩雑になり見にくくなってしまいます。それを解決するためJavaScriptの読み込み(ロード)を1つのファイルにすべてまとめて実行する方法を紹介します。 続きを読む

SyntaxHighlighter(シンタックスハイライト)は、ブログ上で読みにくくなってしまうソースコードを色付き(ハイライト)や行番号で分かりやすく表示するためのJavaScriptです。導入法・日本語化・各種設定方法の解説。 続きを読む

別窓を開かず画像を拡大してくれるJavaScript「FancyZoom」の紹介。拡大画像をスムーズにポップアップ表示し、一々開くタブの鬱陶しさを解消します。設置方法などを解説。 続きを読む

非常に多くのフォーママットに対応したメディア変換ソフト。プロファイルも豊富で扱いやすいソフトです。iPodやWALKMAN、PSPなどで動画・音声データを再生したい方はぜひ利用してみましょう。記事では実際に動画を変換する課程を書いています。 続きを読む

動画や画像などの映像データに関するお話です。「色空間」について簡単に解説します。「RGB」「YCbCr(YUV系)」、変換するにはどちらが最適か等々。 続きを読む

「sqlite3.dll から見つかりませんでした。」というエラーメッセージが出たときの解決法です。パソコン起動時にメッセージがでることが多いようです。 続きを読む

IEのキャッシュには一体どういったデータが保存されているか、実際に保存されている場所(Content.IE5フォルダ)まで見にいきます。これを見てセキュリティ意識が高まれば幸いです。 続きを読む

前回は、動画・音声データの形式を決める「コーデック」「コンテナ」について書きました。今度は、それらデータの「質」に関する各要素について書いていきたいと思います。「ビットレート」「フレームレート」など。 続きを読む

日本マイクロソフト株式会社は、「Windows Vista SP1」「Windows Server 2008」などの製品のサポートが日本時間2011年7月13日に終了するとして、最新のSPの適用や後継製品への移行を呼びかけています。 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2