Windows 8 Pro DSP版を購入!まずはWindows8という製品について解説

先日 2012年10月26日(金) にMicrosoft社から Windows 8 が発売されましたね。
皆さんの中に購入された方はいらっしゃるでしょうか。

以前の記事で体験版を弄ってみた結論として「Windows 7」でいいや、と言っていた気がしますが・・・

Windows8 DSP版

過去の言葉は忘れて Windows 8 Pro DSP版 64bit を買ってみました!
やっぱり好奇心には勝てなかったよ・・・

ということで、折角購入したのですからWindows 8がどういったOSなのか、過去のOSとどう違うのか、簡単ではありますが解説してみたいと思います。そして、購入した方がいいのかどうかの参考になれば幸いです。

今回の記事では、「Windows 8という製品」について解説します。エディションや販売形態、価格についてなどです。
実際に起動させてみて、UIや機能解説・操作感などの感想は次回以降でやります。


Microsoft Windows 8 とは

日本で 2012年(平成24年)10月26日 に発売されたMicrosoft社のオペレーティングシステム(OS)です。

Windows 7の次期OSで開発コードは「8」、そのまま製品名になりました。
名前の通り、クライアント向けWindowsで8番目のOSです。

Windows 8 ロゴ
▲Windows 8 ロゴ

○Windows 8 を体験する - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/meet

このOSは「Windows 8 Modern UI design(通称 モダンUI)」という、今まで受け継がれてきたデザインを一新してタッチパネルの操作にも最適化させた新しいUIを採用していることが一番の特徴です。因みに、開発時は「Metro UI(メトロUI)」と呼ばれていましたが、諸事情があったのか変更されました。(詳細はこちら

モダンUI
▲今までのWindowsとは異なる新しいUI - 「モダンUI」

他にも、アプリを配信する "ストア" が用意されたり、セキュリティの向上やISOマウント、ストレージ・プールなどの新しい機能も搭載されました。SkyDriveとの連携も強化し、ネットワークストレージをもっと扱いやすい身近なものになるよう強化されています。

このように、Windows 8 は様々なところで改善が図られた機能的なOSと言えそうです。

ストア デスクトップ画面
▲左:ストア画面 / 右:デスクトップ画面

Windows 8 のエディション

Windows 8 のエディションは 4つ あります。今までのWindowsと比べてとても整理されています。
※Windows RT 以外のディションは32bit・64bit版が共に提供されます。

Windows 8
(一般向け)
一般向けのエディション。Windows 8の基本的な機能をすべて搭載しています。ただし、2013年2月1日まで特定のタブレットとPCにプレインストールされた状態でのみ入手可能という限定的なエディション。
Windows 8 Pro
(一般・企業向け)
無印版の上位エディション。一般およびビジネス向けのエディション。
Windows 8 に搭載されているすべての機能に加え、ビジネス用途の機能が搭載されています。Windows 8 優待アップグレードキャンペーンでアップグレードされるエディション。DSP版もこちら。通常はこのエディションを購入することになります。
Windows 8 Enterprise
(ボリュームライセンス)
ボリュームライセンス契約者のみ提供。一般では入手することができない完全企業向けのエディション。Windows To Goなどの付加機能があります。
Windows RT
(ARMタブレット端末)
ARMアーキテクチャのタブレットなどの端末向けのWindows 8。単体では販売されてません。通常のWinbdowsデスクトップアプリケーションが動作しません。

各エディションの詳細は Wikipedia が詳しいです。(Microsoft Windows 8 - Wikipedia

特に理由が無ければ「Windows 8 Pro」を購入

このように、今までのWindowsと比べて簡略化されているため、エディションによる混乱は少なくなりました。

上記比較表を見ると、我々一般消費者向けには実質「Windows 8 Pro」しかないことが分かります。
他のエディションは企業向けだったり、導入される環境が特殊だったりで手に入りません。

なので、よく分からないという方は何も気にせず「Windows 8 Pro」を購入すれば問題ありません。

DSP版のバンドル販売制限が解除され、OS単体でも購入可能

DSP版【Delivery Service Partner】とは、Windowsをパソコンのパーツと併せて購入&導入しなければライセンスが認められない販売形態のことです。

DSP版と記されたWindowsを購入すると一緒にパソコンのパーツも購入を強制され(バンドル販売)、必ず買ったパーツと一緒に使わないといけないという制限があります。その代わり、格安でOSやパーツを購入できるというメリットがあります。

▲左がDSP版Windows 7 Pro、右が通常版Windows 7 Pro。DSP版の方がパーツも付いているのに安いですね。
ただし、一緒に付いてくるパーツを導入したパソコンでないとOSのライセンスは認められません。
また、DSP版は32bit・64bit版のふたつが単体で売られています。

本来は、パソコン製造メーカーが購入するべきOSなのでこういった制限があります。

Windows 8 DSP版ではこのバンドル販売制限が無くなった

しかし、今回発売された Windows 8 では新規インストール用のパッケージをすべてDSP版へ移行したため、
OS単体での購入が可能になりました。パーツを一緒に購入する必要はありません。

その代わり、Windows 7のように1つの新規インストールパッケージに32bit・64bit版両方のインストールメディアはついておらず、別々で販売されています。購入の際はビット数に気をつけてください。

Windows 8 の価格 / 優待アップグレードキャンペーン

さて、気になる Windows 8 の価格ですが、2012年11月現在は大体以下の通りです。(価格は変動します)

Windows 8 Pro 64bit DSP版 13,000円 前後
Windows 8 Pro 32bit DSP版 10,000円 前後
Windows 8 Pro 優待アップグレード版(※) 6080円 前後
Windows 8 Pro 優待購入プログラム(※) 1,200円

今までのOSより格段に安くなってますね。(※32bit・64bitで値段の変わらない店舗もあります)
特に優待アップグレード版は6080円から販売が開始されて、とても安価に入手できます。

Windows 8 Pro 優待アップグレード版

Windows 8 Pro 優待アップグレード版とは、Windows 7/Vista/XPがインストールされているパソコンからWindows 8 Proにアップグレードできるパッケージ製品で、2013年1月31日までの期間限定特別価格が適用されています。

簡単に言えば、発売記念ということでマイクロソフトが用意した期間限定の特価OSです。

ただし、アップグレード版ですのでライセンス上OSの入っていないパソコンへの新規インストールはできません。
といっても、全く新規インストールができないわけではなく、たとえば 32bit版OS から 64bit版 Windows 8 へアップグレードする場合はシステムが32bit→64bitへ変更になるため、必然的に新規インストールされることになります。

ということですので、何か対象となるOSをアップグレードするならば安価なアップグレード版をおすすめします。
完全な新規インストールをしたい場合はDSP版を購入してください。

因みに、Amazonで購入すると10%ほど安く購入できるようです。

Windows 8 Pro 優待購入プログラム

これも期間限定で 2012年6月2日 から 2013年1月31日 の間に対象の Windows 7 PC を購入した場合に適用されます。

○Windows 8 優待購入プログラムのご案内 - Microsoft
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/upgrade-offer

このプログラムに参加するためには、優待購入プログラムの対象となっている Windows 7 が導入されたパソコンを、期間内で 且つ 新規で購入した場合に限られます。Windows 8が発売されたのにWindows 7がインストールされているパソコンの方を買ってしまった、という場合の救済処置なのでしょう。

とはいえ、そんなこと気にせずとも意図して参加することもできます。
「最近パソコン買い換えたいな~」など思っていたら、ついでにこのプログラムにも参加すれば「1,200円」という激安で新OSを購入できるので、使わない手はありません。

Windows 8 優待購入プログラム
Windows 7 パソコンを買って、Windows 8 Pro を1,200 円 (税込)で手に入れよう

このプログラムに参加するには、氏名や連絡先情報、購入したPCの機種名、購入日、購入店、Windows 7の25桁のキーコードを記入し登録しなくてはいけませんが、その面倒に見合う価値はあるかと思います。
パソコン購入時、優待購入プログラム対象のパソコンかどうか確認してみるとよいでしょう。

二次元好きにはこちら、自作応援キャラ「窓辺ゆう」「窓辺あい」バージョン

実は、この記事を読んでいただいている時点でも購入できるか不明なのですが・・・
Windows 7にて登場していた「窓辺ななみ」に続く自作応援キャラ「窓辺ゆう」「窓辺あい」が登場しました。

窓辺ゆう 窓辺あい

▲左の髪が短い子が「窓辺ゆう(姉)」、右が「窓辺あい(妹)」です。

日本マイクロソフト非公式の応援キャラクターというのは「窓辺ななみ」と同じようです。
ななみさんの認知度が上がったお陰かWindows 8でも登場しました。しかも2人同時。

こちらの製品を買うと、Windowsのイベントサウンドが2人のキャラクターボイスへと変更可能になるデータ、テーマパック壁紙3種類が同封されています。Microsoft Wedge touch Mouse(Windows 8ロゴ入り)も入っています。

価格は、フェイスで「19,980 円」でしたね。記事を書いているときは、以下のページでまだ購入可能のようでした。

Windows 8 Pro 発売記念パック(64bit)【窓辺ゆうバージョン】

Windows 8 Pro 発売記念パック(64bit)【窓辺あいバージョン】

なんと言いますか、日本らしいですね。台湾も似たことやってたような気がしますが。
ただ、これで市場が伸びるならとても良いことではないでしょうか。消費は経済の成長に欠かせませんからね。

ということで、当ブログの管理人は「窓辺あいバージョン」を購入しました (*・ω・)ノ

いや~結構迷いましたね、声優さんはあまり知りませんのでキャラの好みで選びました。
どうやら私は長髪に弱いらしい。あと若干ツリ目なのもいいですね。

それと、ななみさんですが引退することはなくこれからも活躍してくれるそうです。
各キャラクターの設定は以下のページを参考にどうぞ。

まとめ

今回の記事は、操作方法や機能解説などではなく「購入までに知っておきたい基礎知識」といった感じの内容となります。
Windows 8という製品がどういった形で販売されているかを書きました。

エディションは整理されていてエディションによる混乱はとても少なくなったのではないでしょうか。
Widnows 7では「Home」がいいのか「Pro」がいいのかで迷いましたが、Windows 8は「Pro」を選んでおけば問題なさそうですので、これはとても助かります。

価格も、優待プログラムなどを利用すれば1,200円から購入できるという、今までのマイクロソフト社ではあり得なかった安さで提供されています。期間限定ではありますが、この試みは評価しなくてはいけませんね。

それと、管理人は長髪好きであることもばれました。どうでもいいことですので忘れてください(笑

さて、Windows 8の新UIや機能解説などは次回以降の記事にて書きたいと思います。
今回はこれにて、お疲れ様でした。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2