Windows 8 Pro を動かしてみる - インストールから基本操作 -

基礎操作

好奇心に負けて購入した「Windows 8 Pro DSP版」、折角なので色々書いていこうと思います。
前回はエディションや価格、販売形態などについて解説しました。

今回は、実際に Windows 8 Pro をインストールして操作してみようと思います。

シャットダウンやコントロールパネルなどの表示方法が今までと大きく異なっているので、最初はかなり戸惑います。
なので、色々と弄る前に「ログオン方法」や「シャットダウン」「コントロールパネルなど管理画面の表示方法」
「Windows Update」などの基礎操作から紹介していきます。

購入前の方は事前情報として、購入された方は新UIの操作方法について参考にしていただければ幸いです。

※タッチパネル非対応の通常のデスクトップパソコンを対象に解説します。


インストール

注意:インストール中に表示されるすべての項目をキャプチャしているわけではないので、重要な部分のみ解説します。
各画像はクリックすることで拡大します。

更新プログラムの確認

準備が整うとインストールウィザードが表示されます。

最初は「更新プログラムの確認」を実行します。これは推奨設定「オンラインで今すぐ更新プログラムをインストールする」を選んでおきましょう。

引き継ぎ

旧OSからアップグレードする場合、ライセンスキー入力後「設定の引き継ぎ」ができます。

以前の環境をそのまま残したままアップグレードしたい場合は一番上、新規インストール状態でアップグレードしたい場合は一番下の「何も引き継がない」を選びます。

互換性チェック

現在インストールされているアプリケーションの中で、Windows 8と互換のないアプリが表示され、アインインストールを促されます。面倒ですが、表示されたアプリはすべてアンインストールします。

アプリの設定を残す場合はここで必ず設定をエクスポートしましょう。万が一の場合に、アプリの設定を戻すことができます。

ここで問題が検出されなければ次へ進みます。

インストール準備完了

安全にアップグレードできることが確認されたら、最終確認としてアップグレード設定の確認画面がでます。了解したら「インストール」を選択してアップグレードを開始しましょう。

パソコンの環境にもよりますが、当パソコン環境では、アカウント設定ができるようになるまで「約15分」かかりました。
SSDということもありますが、今までのWindowsの中ではとても早い部類に入るのではないでしょうか。
(今のパソコンへXPを入れたら早くインストールできるでしょうが、当時の環境との比較です。)

初期設定で Microsoft アカウント への登録を推奨

アップグレードが終了すれば、初期設定を開始することができます。(ここからキャプチャ画像なし)

Windows 8からは Windowsストア や オンラインストレージ との連携を強化しているため、Microsoft アカウントへの登録、またはログオンを推奨してきます。すでにアカウントを持っている場合は、メールアドレスやパスワードを入力すると、それがWindows 8のアカウントとなります。(あとで変更可能)

仮想環境にインストールしたときは、特に登録しなくても Windows 8 のインストールが完了したので、強制では無さそうですが、アプリなどのコンテンツのダウンロードなどができなくなるので、私も登録を推奨します。

基本的に、指示された通りに設定していけばログオン画面までいけるはずです。

アカウントの追加

▲"インストール後"の「アカウント追加」。初期設定でも似た画面でアカウントの登録を推奨してきます。

ログオン画面がでればインストール完了!

以下のような画面がでてきたら Windows 8 のインストールは完了です。

以下の画像左のような画面が「ロック画面」です。このままではログオンできないので、マウス(指)をクリックしながら上へ移動させてみてください 。すると、ログイン画面へ移りパスワードなどを入力することができるようになります。

スマートフォンのロック画面と似た感じですので、スマホユーザーはお得意の操作でしょう。

ロック画面 ログオン画面
▲クリックで拡大

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2