ファイルの関連付けで任意のプログラムを開けるようにする

Windowsでは、ファイルをダブルクリックしたりすることでファイルを開くことができるプログラムを自動起動させることができます。手間いらずで便利ですね。

これは、そのファイル タイプごとに「どんなプログラムで開くかどうか」があらかじめ設定されているからです。標準設定だと「.txt」では「メモ帳」、「.html」ではInternet ExplorerなどのWebブラウザが起動しますね。

このように、ファイルとプログラムが紐付けされていることを「関連付け」と呼びます。

様々なプログラムをインストールしていくと、自動起動されるプログラムを変更したいと思うこともあるでしょう。そういった場合は関連付けを変更することで解決できます。今回は、この関連付けを変更する方法を紹介します。


ファイルの関連付けとは

ファイルをダブルクリックしたり「開く」などで開こうとするとき、あらかじめ紐付けされていたプログラムが自動起動しファイルを開けるようにする機能です。

Windowsにおける「ファイルの関連付け」は、拡張子を参考にしてファイルを関連付けさせています。例えば、「.txt」であればメモ帳が自動起動してファイルが開きます。このファイルに対して拡張子を「.html」へ変更させると、中身は全く同じファイルですが、今度はWebブラウザが起動してファイルを開こうとします。

拡張子が判断材料になってはいますが、これをいちいち書き換えるのは面倒ですし、それでは「起動してほしいプログラムの指定」なんてできないので正しいやり方で関連付けを変更してみましょう。

ファイルの関連付け テキスト

ファイルの関連付け HTML

プログラムの関連付け

  1. 関連付けされたいファイルを右クリックします。

    「プログラムから開く」を選び「規定のプログラムの選択」を選びます。因みに、関連付けせず一度のみ起動させるプログラムを指定したい場合は、ここで表示されているプログラムを選択すれば起動と同時にファイルを開けます。

    関連付けは「ファイル タイプ」によって設定されますので、関連付けを変更すると同じ拡張子のファイルも同じ影響を受けます。注意してください。

    規定のプログラム
    ▲クリックで拡大

  2. Windows8/8.1の場合、ここで以下のような表示がでます。
    ここで任意のプログラムを指定することで、以降ダブルクリックで指定したプログラムが起動して開くようになります。

    ここで指定したいプログラムがない場合は「その他のオプション」を選択してさらにプログラムを指定できます。それでも見つからない場合は一番下の「このPCで別のアプリを探す」を選択します。

    規定のプログラムの指定 さらに探す
    ▲クリックで拡大

    「このPCで別のアプリを探す」を選択した場合、エクスプローラーが開いて起動させたいプログラムを指定できます。

    プログラムを探す

  3. Windows8/8.1以外の場合、「規定のプログラムの選択」を選ぶと以下の様な表示がでます。

    下にある「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れると、ここで選択したプログラムで関連付けがされて、以降選択したプログラムで開くようになります。「推奨されたプログラム」に指定したいプログラムがない場合は、「ほかのプログラム」を選択することでさらに指定できるプログラムが増えます。

    ここにもない場合は、右下の「参照」によってプログラムを指定してください。

    ファイルを開くプログラムの指定
    ▲クリックで拡大

以上の操作で関連付けを変更できます。

関連付けを変更した場合、同じ拡張子を持つすべてのファイルに影響します。ファイルのアイコンも一緒に変わりどんなプログラムで開くかがわかります。

コントロール パネルから変更

以上の方法はファイルから設定するものです。
一度に色んなプログラムの関連付けを変更させたい場合は、コントロール パネルから設定可能です。

コントロール パネルを開き「規定のプログラム」を選択します。一番上の「規定のプログラムの設定」を選択します。

規定のプログラムの設定
▲クリックで拡大

プログラムのチェックが終了すると、設定できるプログラムの一覧が表示されます。先ほどをファイル タイプから関連付けするプログラムを指定しましたが、こちらはプログラムに関連付けするファイル タイプを一括して選択します。

規定のプログラムの設定
▲クリックで拡大

関連付けさせたいプログラムを指定します。
「すべての項目に対し、規定のプログラムとして設定する」は、指定したプログラムで開くことができるすべてのファイルやプロトコルに対して一括して関連付けをします。「規定でこのプログラムで開く項目を選択する」は、指定したプログラムで開くことができるファイルの拡張子一覧が表示され、それぞれに対して関連付けの設定ができるようになります。

チェックを外したりつけたりしたら「保存」にて変更を保存させましょう。これで関連付けが再設定されます。

規定でこのプログラムで開く項目を選択する
▲クリックで拡大

まとめ

以上、関連付けの設定方法となります。

同じテキストファイルでも、メモ帳以外のプログラムで開きたい場合は関連付けをの設定を変更させれば解決します。拡張子のついたすべてのファイルに対して設定できますので、普段思い通りのプログラムが起動しないとお悩みの場合は関連付けを変更してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2