ソフトウェア情報の格納領域「レジストリ」について

レジストリ

パソコンにアプリケーションソフトなどをインストールすると、フォルダ(通常はCドライブのprogram Files)にファイルなどが作成されます。

これらインストールしたソフトは、アンインストールするときコントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールしなくてはいけません。なぜこのようなことをするのでしょうか。

それは、インストールしたソフトはフォルダの中以外にも情報を記録するからです。フォルダを消去しただけではこれら情報は消去されず、パソコン内にゴミが残って不具合の原因になる可能性があるからです。

この「インストールされているソフトの情報」を記録している場所が「レジストリ」です。


レジストリにはソフトの情報が記録されている

レジストリとはソフトウェアの設定、ユーザーパスワード、ライセンス、Windowsシステム、ドライバなどWindowsに関する様々な情報が格納されている階層型データベースです。

レジストリが役に立ってると感じるときはソフトのアップデート時でしょう。

アップデートを始めようとするとアップデートするソフトの場所を指定しなくとも標準で探し出してくれアップデートしてくれます。このとき、数多くあるソフトの中から目的のソフトのインストール場所を特定するときにレジストリ領域に記録されているソフト情報を参照します。

もちろん、これだけではなくレジストリには様々な情報が記録されています。

以前は各ソフト情報がソフトごとの別ファイルとして保存されていました。そのため読み込みに時間がかかり、さらに別のソフトが情報を参照しにくくなっていました。
この問題の解決策としてレジストリという考えが生まれます。様々なソフトの情報を一カ所にまとめ保存することにより読み込み速度も向上、複数のソフトが同じ情報を共有する事も可能となったのです。

このレジストリはパソコン起動時に読み込まれメモリに保存されます。すると以降の読み込みが格段に早くなり、レジストリへのアクセスも高速に行えるようになっています。

レジストリ領域へのアクセスの仕方

このレジストリにアクセスする方法はいくつかありますが、一番簡単なのはWindowsが標準で搭載している「regedit.exe」を利用した「レジストリエディタ」でしょう。

「スタートメニュー」から「すべてのプログラム」を選択後、「アクセサリ」から「ファイル名を指定して実行」をクリックしてください。
ショートカットキーが設定されているので、面倒である場合は「Windowsキー」+「R」でも起動出来ます。

ファイル名を指定して実行

「ファイル名を指定して実行」ウィンドが表示されたら「regedit」と入力しEnterキーを押します。するとレジストリエディタが起動します。

ファイル名を指定して実行「regedit」

レジストリエディタ
▲レジストリエディタ

レジストリエディタでは各キーの変更や追加、消去などが行えます。

他にリモートレジストリサービスが作動していればネットーワークを利用して他のPCのレジストリを編集することも可能です。

レジストリエディタを使用する時の注意点

【注意】何も知らずに弄ると危険

レジストリには上で書いた通りWindowsに関する重要な情報を記録しています。これら情報を何も知らずにキーの変更をやってしまうとWindowsやソフトに重大な不具合を発生させてしまいます。最悪パソコンが起動不可に陥ってしまいます。

この場合の修正は容易ではありません。何せキーの数が多すぎるのでどれを弄ったのか、正しい値は何だったのかが分からなけばもうリカバリしかないという状態になります。分からず弄るのは言語道断ですが、分かってても注意してください。

キーのバックアップは必ずやる

レジストリにあるキーの数は膨大です。それに加えキーの情報も細かいものですから、もしキーを変更したり消去して不具合が出た場合、修復が容易ではなくなります。

不具合が起きても復元できるように弄る前は必ずレジストリキーのバックアップをとりましょう。

バックアップは、レジストリエディタのメニューバーにある「ファイル」の「エクスポート」から行えます。保存場所を指定してバックアップをとると、拡張子「.reg」で保存されます。バックアップファイルの適用はregファイルをダブルクリックして適用するか、レジストリエディタの「インポート」からregファイルを指定してやることで適用できます。

キー単体でバックアップを取りたい場合はキーを選択した後「エクスポート」を行います。

バックアップ

ネットで手に入る「.reg」ファイルについて

ネットでも拡張子「.reg」のファイルが手に入ることがあります。これはレジストリキーのバックアップではなく、キーの追加・変更・消去をダブルクリックのみで行うためのファイルです。

デスクトップの改造であるとか、システムの改造を行うとき安全に変更したい場合に使用します。ただし、これは信用のあるところから入手した場合であって、悪意のある場所から入手したものだとレジストリキーをめちゃめちゃにされてしまう可能性があります。

適用するまえに拡張子を「.txt」に変更して内容を確認するといいでしょう。

regファイルの確認

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2