第13回 インターネットとその関連知識

もう世界単位でも無くてはならないほど普及した「インターネット」という技術。自宅に居るだけで世界と繋がり、メールやチャット・書類の送受信を始め世界情勢までも確認出来るこのインターネットですが、その仕組みを知っている方は少ないと思います。

しかし、インターネットを利用しているのであればその仕組みを知って損することはありません。それより得することの方が多いです。例えば、インターネットを利用するソフトを使用するのであれば接続設定をする際に役に立ちますし、何よりネット関係の詐欺を回避することが容易になります。

パソコンをより安全に使いこなすための基礎として利用できるよう学んでいきましょう。


インターネット

『インターネット』のことをあまりパソコンを弄らない人に聞くと、デスクトップに置いてある『e』のマークのことでしょ?って言う人が結構多いんです。目に見えないこと、手軽に接続できることが誤解する原因かと思います。こうゆうところで恥をかかないよう正しい知識を知っておきましょう。

インターネット

インターネット【Internet】とは、全世界のコンピューターを相互に接続した巨大なコンピューターネットワークのことです。ネットワーク【network】は各要素が相互に接続された網状構造体を指します。つまり、世界中に存在するコンピューターがお互いを接続し、網状の構造を作っているものがインターネットと呼ばれるものです。

通信プロトコル 『TCP/IPプロトコル』

相互にコンピューターを接続するので、全世界で共通する「通信の約束事」を定める必要があります。それぞれが勝手に定めた約束では正しく接続と通信ができないからです。

この通信の約束事を『通信プロトコル』といいます。プロトコル【protocol】は「約束の集合」という意味です。よって通信プロトコルは「通信規約」や「通信手順」などと訳されます。

一般的なコンピューターは通信プロトコルのひとつである『TCP/IPプロトコル』を採用してコンピューター同士を接続しています。『TCP/IPプロトコル』の「TCP/IP」とは、ネットワーク層プロトコルの「IP」とトランスポート層プロトコルの「TCP」が主に関係しているという意味です。

このプロトコルの役割は郵便に例えることができます。
ある郵便物を送るときはまず「宛先・住所」を書く必要があります。この宛先にあたる作業を「IP」が行います。次に郵便物を配達員が宛先(IPアドレス)を頼りにして道路(インターネット)を走ります。その際、途中で配達員が迷わないように様々な対策(信号や標識など)が道路にされています。この対策にあたる作業を行うのが「TCP」の役目で、送られたデータがインターネット内で消失したりしないようにしています。

World Wide Web

World Wide Web【ワールド ワイド ウェブ:WWW】は、インターネット上で提供されるドキュメントシステムのことです。単に「Web:ウェブ」と呼ばれる場合もあります。

ここで言うドキュメントとは『Webページ』のことを指します。
Webページには文章・画像・音声・動画といったコンテンツを組み込むことができ、これらWebページを私たちは『Webブラウザ』を使用することによって閲覧することができます。

これらWebページを管理するアプリケーションが World Wide Web です。

URL

URL【Uniform Resource Locator:ユニフォーム リソース ロケータ】とは、インターネット上に存在するリソース(資源)を特定するための記号の集合のことです。日本語では「統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)」とかいう小難しい名前になっていますがこちらは知らなくてもいいです。

ここで言うリソース(資源)とは、主にインターネット上のデータやサービスを指します。例えば、Webページや電子メールがそれに当たり、これらのインターネット上の位置を特定する記号がURLです。

URL
▲このWebページのURLです。ブラウザの上部に表示されています。

Webページ と Webブラウザ

Webページ

WWW上に存在する大半のWebページは、HTML(またはXHTML)とスタイルシートというコンピューター言語で構成されています。HTMLでWebページの内容を書き記し、スタイルシートでページ全体のレイアウトを整えます。他にWebページを動的なものとするためにJavaScriptやFlashなどを用いて機能を追加することもできます。

このWebページが集まってできたものを『Webサイト』といいます。

Webブラウザ

Webブラウザ(インターネットブラウザ)は、HTMLで記されたWebページを読み込み、私たちが見やすいようにディスプレイに表示させたり、プリンターなどへの出力をサポートするソフトウェアです。Webブラウザを開発している企業はいくつかあり、それぞれHTMLの内容を独自の解釈で行っているので、同じWebぺージでもWebブラウザによっては表示のされ方に違いが出ます。

デスクトップ上に最初から置いてある『e』のアイコンはこのWebブラウザで、Microsoft社が開発している Internet Explorer のことです。

Webぺージの本来の姿を見てみる

そのWebページの本来の姿、つまりコンピューター言語のみのページを見ることがWebブラウザで可能です。(この設計の基礎となる情報のことを『ソース』といいます)

インストールされているブラウザを起動して、好きなWebページを開きます。

ソースの表示

▲文章も何もない場所で右クリックメニューを出します。Internet Explorer 8であれば上の様なメニューがでるので「ソースの表示」をクリックしてください。他のブラウザでもソースの表示に関する項目はあります。

Webページのソース

▲するとそのページのソース(基本設計)を見ることができます。画像のソースはこのページのソースです。
Webブラウザはここに記されているソースコードを読み込み、それぞれの解釈のもとでブラウザに表示します。それぞれの解釈といっても各要素の意味は正しく認識するので大きな表示の違いはでません。下線や文字の表示などに違いが出ます。

「Webページを作ってみたい」という方は、以上のやり方で様々なサイトのソースを見て参考にすると良いものができると思います。

ホームページ・サイト・ブログ

「ホームページ」「サイト」「ブログ」の3つの言葉、何となく同じような意味として用いられることが多いですが、この3つには明確な違いがあります。

ホームページ

ホームページとは、Webブラウザを起動した時や、多くのWebブラウザに実装されているホームボタンを押した時に表示されるWebページのことを指します。Webページの集合である「Webサイト」を指す言葉ではありません。

サイト

これはWebサイトのことを指すことがほとんどで、先ほど解説した通りWebページの集合のことを指します。サイト同士はリンクなどを貼ることで相互に連結され、より多くの方に自分のサイトを見て貰うことができます。

ブログ

ブログ【Blog】とは、Webページに書かれている内容(評論や日記など)を長期に渡って記録(ログ:Log)しているWebサイトの一種です。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)という名前が付き、それが略されブログ【Blog】という呼ばれ方になりました。

今は多少定義がぶれていますが、継続してWebページが更新されているサイトであればブログと考えて良いでしょう。このサイト「道すがら講堂」も内容を記録し続けているのでブログです。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2