第9回 自分のパソコンの性能を知ろう!

自分のパソコンが一体どれだけの性能を持つのか、いつも使ってはいるけど分からない方も多いと思います。

しかし、これらを知っておかないと折角ソフトウェアを導入しても動作環境を満たしておらずうまく動作しない場合も出てきます。
また新しくパソコンを購入する際にも性能を比較することで自分に合ったよいパソコンを選び抜くことができます。

そこで今回は、パソコンの性能を左右する各要素について解説していきたいと思います。


パソコンの頭脳 『CPU』

CPU【Central Processing Unit:セントラル プロセッシング ユニット】、日本語で「中央処理装置」や「中央演算処理装置」などと訳されるこの装置は、人間で言う頭脳の役割を果たします。

「演算装置」という名前の通り、パソコン内で行われている様々な計算を一手に引き受けています。文章を打ったりメールを作ったりする時も、このCPUで計算を行い処理しています。もちろん、Windows自体を動作させる為にも使いますから常時動いている装置です。

このCPUの性能が高いとパソコンは複雑な処理も簡単に素早く処理してくれます。つまり、パソコン全体の動作が速くなります。

画像や動画を編集したり、3DゲームをプレイするときなどCPUに高負荷をかけるような作業はCPUの性能が高くないと動作が遅くなるだけでなく、最悪CPUが処理をしきれなくなりフリーズしてしまうこともあります。

このようにCPUに高負荷をかけるようなソフトを使用している方は、このCPUの性能で動作の快適さが大きく左右されます。

現在CPUを生産している企業は「Intel(インテル)」と「AMD」があります。

システム

▲CPUの性能を調べたいときは「コントロールパネル」の「システム」で確認できます。
ここの「プロセッサ」という項目が現在使用しているパソコンに搭載されているCPUです。

CPUの性能評価

クロック周波数

CPUの性能を決定する大きな要素として「クロック周波数(動作周波数)」というものがあります。
プロセッサの項目の一番後ろに「2.40GHz」という感じに数字と単位が表記されています(これは私のパソコンの数字です)。

「○○Hz」の「Hz」は周波数の単位で「ヘルツ」と読みます。高校の物理とかで習うと思います。物理では1秒間に波が振動した回数となっていますが、なぜCPUにこの周波数が用いられるのかを解説すると初心者講座をはみ出す内容となってしまいますのでここでは省略します。

数字とHzの間にある「G」や「M」はSI接頭語と呼ばれる指数表記を一文字で表したものです。身近なものでは「㎞:キロメートル」の「k」や「㎜:ミリメートル」の「m」がそうです。

10のn乗 接頭語 記号 数字
10の24乗 ヨタ (yotta) Y 1000兆×10億(1じょ)
10の21乗 ゼタ (zetta) Z 1000兆×100万(10垓)
10の18乗 エクサ (exa) E 1000兆×1000(100京)
10の15乗 ペタ (peta) P 1000兆
10の12乗 テラ (tera) T 1兆
10の9乗 ギガ (giga) G 10億
10の6乗 メガ (mega) M 100万
10の3乗 キロ (kilo) k 1000
10の2乗 ヘクト (hecto) h 100
10の1乗 デカ (deca, deka) da 10
10の0乗 なし なし 1
10の−1乗 デシ (deci) d 1/10
10の−2乗 センチ (centi) c 1/100
10の−3乗 ミリ (milli) m 1/1000
10の−6乗 マイクロ (micro) u 1/100万
10の−9乗 ナノ (nano) n 1/10億
10の−12乗 ピコ (pico) p 1/1兆
10の−15乗 フェムト (femto) f 1/1000兆
10の−18乗 アト (atto) a 1/1000兆×1000(1/100京)
10の−21乗 ゼプト (zepto) z 1/1000兆×100万(1/10垓)
10の−24乗 ヨクト (yocto) y 1/1000兆×10億(1/1じょ)

ここまで理解出来ればクロック周波数で性能評価ができます。
クロック周波数の値が大きければ大きいほどほどそのCPUは高性能であると言えます。

コア数

しかし、クロック周波数が高くても高性能であるとは言えない場合もあります。
CPUの性能を左右する大きな要素が他にもあるからです。それは「コア数」と呼ばれるものです。

コアとはCPUの中にある処理を行う部分です。
コア数が多いCPUは、パソコンはコア数分だけ処理を分割することができます。ひとりで一気に作業するのではなく複数人で分担してやろうという感じです。
従って、コア数が多いほど高性能なCPUであることが言えます。

コア数が1つの場合は「シングルコア」、2つは「デュアルコア」、4つで「クアッドコア」、6つあれば「ヘキサコア」となります。

コア数がいくつであるかを判断するにはCPUの名前から判断する方法と、タスクマネージャーから判断する方法があります。

CPU名から判断する

例えば上の画像の通り、私のノートパソコンに搭載されているCPU名は「Inte® Core™2 Duo」となっています。これは名前の通りコア数は「2個」です。「Core i7 980X Extreme Edition」ともなるとコア数は「6個」にまで増えます。名前から検索にかければコア数を調べることは容易だと思います。

タスクマネージャーから判断する

タスクマネージャー・パフォーマンス

▲タスクマネージャーを「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を同時に押して起動します。そこから「パフォーマンス」を選択するとパソコンのパフォーマンスを見ることができます。
ここの「CPU使用率の履歴」にあるモニターの数がコア数と同じになっています。この場合はモニターが2つあるので「2個」です。

CPUに関するまとめ

ここまで長く解説した理由は、少々CPUの性能評価をすることがややこしいものとなっているからです。

例えば、「クロック周波数が3GHzあるシングルコアCPU」と「クロック周波数が2GHzあるデュアルコアCPU」だと後者の方が性能が高い場合が多いです。

また、上記のクロック周波数やコア数の他に「消費電力」や「発熱量」などCPUの性能を左右する要素はかなり多いです。ここで全てを紹介すると長い記事になってしまいますので、また個人で検索にかけてみてください。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2