64GBのUSBメモリが32GBしか認識しないときの解決法

つい先日、新しい「64GB」の容量を持つUSBフラッシュメモリを購入しました。

最初は NTFS でフォーマットし、64GB使うことができました。
しかし、色々操作しているうちに NTFS でフォーマットしても「32GBしか認識しない」状態となってしまいました。

32GBのドライブになってしまった

32GBのドライブとして認識されていますが、ちゃんとした64GBの容量を持ったUSBフラッシュメモリです。
「ディスクの管理」画面では未割り当て領域が存在しますが、拡張しようにも項目がグレーアウトして拡張ができません。

今回は、32GB以上の容量を持つフラッシュメモリが何故かそれ以上認識しない問題の解決法を解説します。


経緯

私は Surface Pro 3 を所持しているのですが、最近調子が悪くなったため、回復ドライブを作成するために、先日購入した「64GB」の容量を持つUSBフラッシュメモリを使用して回復ドライブを作成しました。

回復ドライブは「FAT32」でフォーマットされている必要があるようなので、回復ドライブが作成されると「FAT32」へとフォーマットされていました。この時点で32GBしか認識しなくなるのはわかります。Windows から「FAT32」でフォーマットすると、互換性維持のためか 32GB までのドライブサイズでしかフォーマットできない場合があるからです。ならば「NTFS」または「exFAT」へ再度フォーマットしなおせばよい、ということになるわけですが・・・

※「FAT32」と「NTFS」の詳細については下記記事をどうぞ。(exFATについてはまた別のサイトにてご参照ください。)

32GB以上認識できなくなった

NTFSにフォーマットしても32GBしか認識しない図 32GB以上認識できない
▲クリックで拡大

こういうことになってしまいました。NTFSでフォーマットしても32GBの範囲内でしかフォーマットできません。

では、「ディスクの管理」画面を開いてそこでフォーマットしてみれよいのでは?と考えます。

ディスクの管理画面を開く
▲スタートボタンを右クリックして「ディスクの管理画面」を選択。(Windows10の場合)

リムーバブルディスクの領域確認
▲問題のUSBフラッシュメモリを調べてみる。

未割り当て領域があるのが確認できます。
全体としてはちゃんと64GBの容量を持ったUSBフラッシュメモリであることが確認できます。
(※Windows が採用している計算式の関係で58GB程度の認識になっていますが、正常な表記です。詳細はこちら。)

では、右クリックメニューから未割り当て領域を結合、フォーマットしてみましょう。

結合しようにもグレーアウトしてできない。

・・・グレーアウトして選択できないですね。

Surface Pro 3 の回復ドライブ作成に使ったので、ブート領域か何かがあるせいでしょう。
では、最終手段「コマンド プロンプト」から強制的にクリーンアップさせてあげましょう。

※コマンド プロンプト【Command Prompt】:Windows上の操作や設定をコマンドで実行するためのツール。

diskpart コマンド

ディスクのパーティションを操作できるコマンド「diskpart」を使います。

  1. コマンド プロンプトを " 管理者権限 " で実行します。

    Windows 8、10 ではスタートボタンを右クリックしてメニューに「コマンド プロンプト(管理者)」という項目がありますので、こちらを選択します。それ以外のOSでは、スタートメニューから検索して探すか、「全てのプログラム」の「アクセサリ」に入っています。右クリックして「管理者として実行」を選択すれば管理者権限として実行できます。

    Windows10でのコマンド・プロンプト起動方法 Windows7での起動方法

  2. コマンド プロンプトが起動したら、コマンドとして「diskpart」と入力し、Enterキーで決定します。
    Windows10のコマンド プロンプトはコピー&ペーストができるので便利ですね。

    コマンドプロンプトでdiskpartコマンドを入力
    ▲クリックで拡大

  3. スペルミス等がなければ「DISKPART>」と表記が続きます。

    「DISKPART>」に続くように「list disk」と入力し、Enterキーを押します。すると、現在認識しているドライブの容量やディスク番号などが確認できます。ここで重要なのは、問題となっているディスク(ここではUSBフラッシュメモリ)のディスク番号を知ることです。ここで、容量が 57GB となっているディスクを探します。今回はどうやら「ディスク 10」となっているようです。

    この ディスク 10 を操作対象としたいので、さらに続いてコマンド「select disk ○」を入力します。「○」はディスク番号を入れます。今回は「10番」なので「select disk 10」と入力します。半角スペースも入れないと選択できませんので注意。

    選択がうまくいけば「ディスク ○ が選択されました。」と表示がされます。

    選択するディスクは間違いなく!フォーマットするとデータが消えます。

    ここで選択するディスクを間違えないよう注意してください。これから選択したディスクをフォーマットしますが、中のデータはすべて削除されてしまいます。消えたデータはもとに戻せないので、「select disk ○」での番号指定は間違えないよう細心の注意を払ってください。

    list disk から該当のディスクを調べ、select disk でディスクを選択。
    ▲クリックで拡大

  4. ディスクの選択がうまくいきましたら、最後に「clean」と入力してEnterキーを押します。

    うまくいけば「DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。」と表示されます。これで選択されたディスクが完全に真っさらな状態になりました。中のデータは完全に消えるので「clean」と入力する前にディスク番号を最後に確認しておきましょう。

    「clean」コマンドでディスクをクリーンアップします。
    ▲クリックで拡大

  5. 再度「ディスクの管理」画面を見てみると、すべての領域が「未割り当て領域」になっていました。
    右クリックしてメニューを確認すると、「新しいシンプル ボリューム」が選択できるようになりました。これで新しくフォーマットすれば 64GB すべて認識できるようになります。

    ディスクの管理画面でフォーマットできるようになりました。

ボリュームの作成

  1. 「新しいシンプル ボリューム」を選択します。

    「新しいシンプル ボリューム ウィザード」が表示されますので「次へ」を選択します。

    新しいシンプル ボリューム ウィザード

  2. ボリュームサイズを指定します。指定できる最大の量を指定します。

    ボリュームサイズの指定

  3. ドライブ文字(ドライブレター)を割り当てます。標準で空きがあるドライブ文字が割り当てられますが、任意のもので結構です。

    ドライブ文字の割当

  4. パーティションのフォーマットをします。

    こちらも希望のフォーマットで結構ですが、よくわからなければ「NTFS」「既定値」「ボリューム」「クイックフォーマットする」で問題ありません。Windows搭載パソコンで使うことが多いUSBフラッシュメモリならば「NTFS」がよいと思います。

    スマートフォンやカメラ等で32GB以上の容量を持つSDカードを利用したい場合は「exFAT」にします。ただ、利用する機器がその規格に対応しているかどうかは事前に確認してください。また、Macとの同時利用を考えている場合も、互換性の問題で「exFAT」がよいと思います。32GB以下なら「FAT32」でもOKです。

    フォーマットを指定

  5. ボリューム の確認をします。特に問題ないようでしたら「完了」を選択します。

    最終確認画面

  6. 新しいボリュームが作成されていたら完了です。お疲れ様でした。

    無事、64GBすべてが認識されているようです。

    新しいボリュームの確認

  7. プロパティを見てもしっかり認識しています。
    100MBほどすでに使用領域がありますが、システム領域でどうしても使用されるものなので問題ありません。

    新しいボリュームの確認

まとめ

以上、これで「32GB以上あるディスクがなぜか32GB以上認識しない問題」の解決法を解説しました。

大体はWindows上において FAT32 にてフォーマットされたことが原因かと思います。一度ディスクを真っさらにして、再度フォーマットし直せば解決するかと思います。参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

本題(問題解決の部分)はDISKPARTでOKと思うのですが
64GB SDカードの再フォーマットはNTFSではなくexFATでフォーマットした方が良いと思いますよ。

ご指摘ありがとうございます。

実は私「NTFS」と「exFAT」の使い分けというのがよくわかっていません(汗)
なんとなくMacでも利用することを考えるなら「FAT32」「exFAT」で、それ以外なら大体NTFSと思っていたのですが・・・

携帯電話などCPUが非力な端末でCPUの処理能力を上げさせたくない場合に、セキュリティ機能などが省かれている「exFAT」を使うとパフォーマンスがよくなる、という話は聞いております。複雑なファイル管理機能も携帯電話とかでは必要ないなど。

ただ、今回はCPUが非力でもない「パソコン」が相手のUSBフラッシュメモリーであり、NTFSで実装されている高速なファイル検索や耐障害性を考慮したほうがよいかなとNTFSにしたのですが、いかがでしょうか。(実際、NTFSのテーブルを利用した検索ソフトを使っています。)

この記事では「NTFS」一辺倒になっていましたので、「exFAT」も選択肢である旨、追記させていただきました。
SDカードだと「exFAT」がおすすめな理由について、もう少し調べてみたいと思います。

=== 追記 ===

最近のスマートフォンは「exFAT」もちゃんと認識してくれるようになっているみたいですね。

となると、32GB以上の容量を持つSDカードをスマートフォンへ認識させるためには、ツールを使ってFAT32にするのではなくて、最初から「exFAT」にすればWindows標準のフォーマットツールで簡単にできるという感じでしょうか。

デジタルカメラも大容量タイプのSDカードが対応表にある場合は、大体は「exFAT」で大丈夫みたいですね。カメラ側から初期化すれば間違いないでしょうけど。

パソコンで扱う場合は「NTFS」、スマートフォンやカメラ等で使うSDカードで32GB以上使う場合は「exFAT」という認識でいきたいと思います。

コメントする

非公開。必須ではありません。

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

広告

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.2